全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

“蓄養ヒラメ”出荷スタート

 鶴岡市内の定置網漁業者が県や市などと連携し、天然のヒラメを生きたマアジの餌で蓄養し、漁獲が少なくなる夏場に出荷する取り組を進めている。2カ月間ほど同市三瀬の県栽培漁業センターの水槽で蓄養されたヒラメの市場への出荷が20日からスタートし、庄内浜漁業の新たな振興策の一つとして注目される。

 庄内浜では毎年5―6月に定置網に加え刺し網漁や底引き網漁によるヒラメの漁獲量が増えるが、産卵期に入って身が薄いため、品質、魚価ともに低下するという。鶴岡市の由良沖と堅苔沢沖で定置網漁を行っている仁三郎(同市三瀬、伊関豊社長)が、産卵期に水揚げされたヒラメを陸上の水槽で蓄養し、身を厚くして出荷する取り組みを関係機関に提案。県産水産物の安定供給と付加価値化を狙いに本年度、短期蓄養ヒラメの実証事業として進められた。

 県栽培漁業センターの屋外にある20トン水槽(水深70センチ)に、5月に水揚げしたヒラメ60匹を入れ、同じ定置網に入ったヒラメの好物というマアジを餌として供給。蓄養に伴う費用のコスト削減も図っている。県水産振興協会、県漁業協同組合も管理に関する助言、出荷体制の整備などで連携。品質については市内の料理人からも高い評価を受けている。20日から3日間10匹ずつ、同市の県漁協由良総括支所の地場市場に本格出荷される予定。

 この本格出荷を前に18日、関連者向けの説明会と試食会が県栽培漁業センターと同市三瀬の旅館「仁三郎」で開かれた。蓄養を担当する同社の船頭・伊関領平さん(36)が「ヒラメにストレスをかけないよう水槽内の密度が高くならないようにしている。生きたマアジを使うことで餌を与える労力も軽減でき、身も2倍近く厚みが出ている」と成果を説明。刺し身の試食会で同旅館の土田常雄料理長(68)は「エンガワに厚みがあり、身を含めてヒラメ本来のうま味がある。夏場の漁に左右されず使いたいときに仕入れられるメリットは大きい」と話した。

 県などによると、天然ヒラメを同じ天然の生餌で蓄養する事例は全国的に珍しいという。

本格出荷を前に水槽からヒラメを揚げる仁三郎船頭の伊関さん=18日、鶴岡市三瀬の県栽培漁業センター

関連記事

「あんまぁ~ず」が総理大臣表彰  与論町 出産・子育て応援に尽力

 鹿児島県与論町(奄美大島)のNPO法人「よろん出産子育て応援隊あんまぁ~ず」はこのほど、子育て支援の活動で顕著な功績があったとして、内閣府の「2021年度子供と家族・若者応援団表彰」の子育て・...

わくわく石垣島に奨励賞 日本サンゴ礁学会 独自学習プログラム高評価

 日本サンゴ礁学会第24回大会が11月29日にオンラインで開催され、わくわくサンゴ石垣島(大堀則子代表)が同学会「保全・教育普及奨励賞」を受賞した。サンゴ学習を推進する活動が学会から高い評価を受けた...

北羽新報社

児童生徒の習字、絵画秀作集め 北羽美術展が開幕

 第54回北羽美術展(北羽新報社主催)は3日、能代市文化会館中ホールで開幕した。習字、絵画両部門で入賞した作品を一目見ようと多くの児童生徒や保護者、地域住民が来場し、子どもたちの感性が輝く力作を1...

長野日報社

装丁家荒川じんぺいさん 富士見町内などで移動式コーヒー店

富士見町信濃境の装丁家でエッセイストの荒川じんぺいさん(75)が、移動式のコーヒー店「珈琲野立庵」を町内などで開店している。軽トラックを改造した店舗に、自らデザインした八ケ岳とコーヒーポット...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク