全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

芦雪の障壁画 修繕へ

修繕されることになった長沢芦雪の障壁画(串本町西向で)

 和歌山県串本町西向の成就寺(大崎實宗住職)が所蔵している江戸期の絵師、長沢芦雪(1754~99)が描いた国指定重要文化財の障壁画が修繕されることになった。関係者らが20日に同寺を訪れ、京都国立博物館修理所へ搬出した。

 芦雪は33歳の頃、無量寺(串本町串本)住職の招きで師・円山応挙の代理として紀南地方を訪れ、成就寺や無量寺などで数多くの障壁画を描いた。
 成就寺は、芦雪が紀南地方で最初に立ち寄った寺とされていて、本堂の障壁画45面を描いた。そのうち44面は2000年と09年の二度に分けて県立博物館に寄託されたが、取り外すことができなかった1面だけが寺に残っていた。
 今回修繕に出された障壁画の大きさは、縦175・7センチ、横187・3センチ。1786年の制作。梅を愛し、鶴を子として人里離れて暮らしていた中国の詩人、林和靖(りんわせい)の所に鶴を案内として訪れる客人が墨で描かれている。絵がほとんど見えなくなるほど激しく傷んでいたが、このほど、文化庁などが日本の美を未来へ伝えることなどを目的に取り組む「紡ぐプロジェクト修理助成事業」に採択され、修繕されることになった。作業は来年3月までに完了する予定。
 大崎住職(74)は「だいぶ傷んでいたので、修繕してもらえてありがたい。修繕後は県立博物館に預けたいと思っている」と話した。

関連記事

長野日報社

「星ケ塔遺跡」今年も人気 今季初の日帰りツアー 長野県下諏訪町

 長野県下諏訪町観光振興局は22日、同町郊外にある国史跡「星ケ塔黒曜石原産地遺跡(星ケ塔遺跡)」を訪ねる日帰りツアーの今季初回を開いた。全国各地から定員いっぱいの15人が参加。一行は標高約1500...

然別湖上の景色 遊覧船で 安全確認入念に 今季の運航開始

 今季の然別湖の遊覧船運航が21日、始まった。10月末まで毎日運航され、普段はなかなか見ることができない湖上からの風景を楽しめる。  遊覧船は、然別湖畔温泉ホテル風水が1963年から運航。来...

大島紬がフェラーリ内装に ニューヨークで機織り実演も

 イタリアの高級車メーカー「フェラーリ」が、本場奄美大島紬を織り込んだ生地を運転席の内装に使用した特別仕様車を製造し、話題を呼んでいる。大島紬織元のはじめ商事(鹿児島県奄美市名瀬、元允謙社長)が...

長野日報社

「すずらん祭り」開幕 長野県富士見町の富士見パノラマリゾート

 長野県富士見町の富士見パノラマリゾートで21日、スズランの開花期に合わせた「120万本のすずらん祭り」が開幕した。6月19日までの期間中はゴンドラ往復券の購入者に山野草の苗をプレゼント。町花スズ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク