全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

芦雪の障壁画 修繕へ

修繕されることになった長沢芦雪の障壁画(串本町西向で)

 和歌山県串本町西向の成就寺(大崎實宗住職)が所蔵している江戸期の絵師、長沢芦雪(1754~99)が描いた国指定重要文化財の障壁画が修繕されることになった。関係者らが20日に同寺を訪れ、京都国立博物館修理所へ搬出した。

 芦雪は33歳の頃、無量寺(串本町串本)住職の招きで師・円山応挙の代理として紀南地方を訪れ、成就寺や無量寺などで数多くの障壁画を描いた。
 成就寺は、芦雪が紀南地方で最初に立ち寄った寺とされていて、本堂の障壁画45面を描いた。そのうち44面は2000年と09年の二度に分けて県立博物館に寄託されたが、取り外すことができなかった1面だけが寺に残っていた。
 今回修繕に出された障壁画の大きさは、縦175・7センチ、横187・3センチ。1786年の制作。梅を愛し、鶴を子として人里離れて暮らしていた中国の詩人、林和靖(りんわせい)の所に鶴を案内として訪れる客人が墨で描かれている。絵がほとんど見えなくなるほど激しく傷んでいたが、このほど、文化庁などが日本の美を未来へ伝えることなどを目的に取り組む「紡ぐプロジェクト修理助成事業」に採択され、修繕されることになった。作業は来年3月までに完了する予定。
 大崎住職(74)は「だいぶ傷んでいたので、修繕してもらえてありがたい。修繕後は県立博物館に預けたいと思っている」と話した。

関連記事

紀伊民報社

テントサウナ貸し出し始める

 和歌山県古座川町相瀬にある道の駅「一枚岩」で飲食や物産の販売、キャンプ場の運営に取り組む「monolith(モノリス)」(田堀穣也代表)が、テントサウナの貸し出しを始めた。国の天然記念物に指定...

荘内日報社

躍る!! 切山椒 「観音様のお歳夜」向け本格化

 鶴岡市で今月17日に行われる「観音様のお歳夜(としや)」に向け、冬の風物詩「

王子サーモン製造ピーク 年末年始の贈答向け 今月は45トン生産

苫小牧市有明町の王子サーモン北海道工場では、年末年始向けのスモークサーモンの製造がピークを迎えている。約60人が交代で色鮮やかなサーモンの薫製や骨の抜き取り、カットなどの作業に取り組む。  同...

山田機械工業 楽器800万円分贈呈 帯広市内6校に

 「ピカピカの楽器で、子どもたちに喜んでほしい」-。部活動の楽器の老朽化が課題となる帯広市内の中学校に、民間からの寄付が相次いでいる。2日に市内の山田機械工業(山田康太社長)が、6校に計約80...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク