全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

アイヌ丸木舟 進水 サケ捕獲先住権目指し 浦幌協会

丸木舟を川に浮かべて進水儀式「チプサンケ」を執り行う浦幌アイヌ協会の長根会長(中央)、丹野副会長(右)、上士幌協会の清水会長

 アイヌ民族の先住権に基づいた川でのサケの捕獲を目指し、浦幌アイヌ協会(長根弘喜会長)は19日、町十勝太を流れる浦幌十勝川支流の新川で、自作した丸木舟の進水式を執り行った。同協会は近く道に申請し、年内にも町内の河川でサケの捕獲を行う。

 同協会のメンバーを中心に8人が新川の護岸に集合。護岸でカムイノミ(神への祈り)をささげた後、浦幌協会の長根会長(35)、丹野聡副会長(40)、上士幌アイヌ協会の清水勇会長(67)が丸木舟に乗り込み、アイヌ語で舟おろしを意味する進水の儀式「チプサンケ」を執り行った。

 長根会長は「ようやくここまできた。川でのサケの捕獲を目指し、これからも皆で力を合わせて頑張りたい」と話した。

 丸木舟は町内で切り出したトドマツ材を使い、長さは約5.8メートル。船首や側面にアイヌ文様を施している。アイヌ民族文化財団(札幌市)に申請し、浦幌協会のメンバーらが上士幌協会の清水会長のアドバイスを受けて製作を進め、14日に完成した。儀式後の19日午後、浦幌町立博物館に運び込まれた。同館では当面の期間、展示する予定。

 河川でのサケ捕獲をめぐっては昨年9月、紋別アイヌ協会(紋別市)の畠山敏会長が「先住民族の権利」を掲げて川でサケを捕獲。道は許可申請がなかったため、水産資源保護法違反などの疑いで告発したが、旭川地裁は6月末に不起訴処分としている。

 浦幌協会は川でのサケ捕獲について、先住権に基づいて規制が適用されないことを確認するため、国と道を相手に札幌地裁に提訴する準備も進めている。

関連記事

荘内日報社

避難所に段ボールベッド組み立て(鶴岡・大泉小)児童と保護者対象「防災体験..

 鶴岡市大泉地区の避難所に指定されている大泉小学校(奥田満哉校長、児童137人)で4日、全校児童と親を対象にした防災体験教室が開かれ、専門家による講話やワークショップ、避難所開設体験が行われた。 ...

紀伊民報社

「甘くて濃厚」と好評 作業所開発のミニトマトジュース

 和歌山県みなべ町の「なかよし福祉会」が運営する「なかよし作業所」が、地元の農家からミニトマトを仕入れて作るジュースが「甘くて濃厚な味でおいしい」と好評だ。障害者の就労を支援する団体が作ったカタ...

丸ごと120㍍移動 キャンプセンター曳家工事本格化  千歳モラップの支笏湖..

環境省北海道地方環境事務所は6日、千歳市モラップの支笏湖野営場で、「キャンプセンター」の曳家(ひきや)工事を公開した。建物を解体せずにそのままの状態で移動させる伝統的な建築工法。同省による曳家工事...

パイ生地で彩り鮮やか 豊頃のエレゾがシカやクマの限定テリーヌ

 食肉加工・飲食業のエレゾ社(豊頃町、佐々木章太代表)は、テリーヌをパイ生地で包んだフランスの伝統料理「パテアンクルート」の販売を会員限定で始めた。  放牧豚やエゾシカ、クマなどの肉を使った...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク