全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

コロナ拡大防止に庄内あつみ杉活用 温海町森林組合

 鶴岡市の温海町森林組合(五十嵐正直代表理事組合長)は、地域産材「庄内あつみ杉」を使った新型コロナウイルス感染症対策グッズとして、足踏み式で消毒液を出せる「ステップシャワースタンド」と、カウンターなどに置いて飛沫(ひまつ)感染を防ぐついたて「木づかいパネル」の2種を製品化、販売している。

 新型コロナの影響で全国的に住宅着工数が落ち込み、同組合でも特に集成材の原料出荷にその影響が出始めてきたことなどを踏まえ、対策グッズの製品化で活用を図ろうと、試作を重ねた。いずれも組合が誇る庄内あつみ杉(一部は間伐材)を使った。

 ステップシャワースタンドは、プッシュ式の手指消毒液ボトルを、手を触れずに操作できる。高さ約75㌢の台に消毒液をマジックバンドで固定し、足元の板を踏むと、ピアノ線でつながったボトル上部の部材が下がり、プッシュする。踏み板は面積が広いため、かかとを床に付けたまま、高齢者でも安全に踏めるという。価格は1台1万9800円(税込み、以下同)。

踏み板の面積が広く、高齢者でも安全に使えるスタンド

 木づかいパネルは、無色透明なアクリル板と、あつみ杉の台座を組み合わせた。対面して接客するカウンターやテーブルなどに設置することを想定している。あつみ杉はぬくもりがあり、アクリル板は丈夫で掃除も楽なのが特長。S(横、縦各60㌢、価格1万1000円)、M(横90㌢、縦60㌢、1万2100円)、L(横90㌢、縦75㌢、1万3200円)の3種類がある。

あつみ杉のぬくもりあるパネル

 鈴木伸之助代表理事専務は「木材は、二酸化炭素排出抑制にも貢献する地域資源。対策グッズで皆さんの健康とともに、温暖化から地球も守って」と話している。問い合わせは同組合=電0235(43)2313、ファクス同(43)2317、電子メールatsumisk@amber.plala.or.jp=へ。

 同組合は組合員数1552人。年間2万2000立方㍍(間伐約1万3000立方㍍、皆伐約1万立方㍍)を切り出す県内屈指の森林組合。かつては山に捨てていた端材も木質バイオマスにするなど、約9割を活用。皆伐後の林地はなるべく再造林して資源を次代につなぐとともに、一部は伝統の焼き畑で赤カブを栽培するなど、多面的に森林づくりを進めている。

関連記事

荘内日報社

人を生かす農業絶やすな/多くの農家と交流感謝 やまがた農業女子ネットワーク..

 県内の女性農業者でつくるやまがた農業女子ネットワーク「あぐっと」による講演会が1日、鶴岡市の山形大学農学部で開かれ、学生44人が講演やワークショップを通じ、就農の課題や現状について考察した。 ...

ヤマメのいずし、樽前養鱒場で製造ピーク「にぎやかな年末彩って」

師走に入り、苫小牧市糸井の樽前養鱒場(石川正剛代表)で、白老町虎杖浜産のヤマメを使ったいずし作りがピークを迎えている。  同養鱒場はニジマスのいずしや薫製「たこでなし」が看板商品だが、尾頭付き...

「40年前のステッカー」好評 配送商品の購入者特典 帯広・平和園

 焼肉の平和園(帯広市、新田隆教社長)は、自社オンラインショップなどでのギフト商品拡充を記念し、購入者対象に期間限定で40年前から保管してきた平和園オリジナルステッカーを贈呈するサービスを行ってお...

宇部日報社

カタログギフト「ぶちうま!山口」がリニューアル

 県産原料100%をコンセプトとしたカタログギフト「ぶちうま!山口」が5年ぶりにリニューアルし、1日から販売を開始した。掲載商品は全197品。AR(拡張現実)で掲載商品を使った料理を見られる機能...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク