全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ディープ輝かしい生涯 ノーザンホースパークがメモリアルコーナー開設

入り口に掲げられた特大パネル

 苫小牧市美沢のノーザンホースパークは18日、中央競馬のGⅠ七冠馬ディープインパクト(以下ディープ)の常設展「メモリアルコーナー」をホースギャラリー内に開設した。ディープが残した輝かしい記録や功績を関係者8人が寄せたメッセージ、優勝レイや記念トロフィーの展示などを通して紹介している。

 同パークは競走馬の生産・育成牧場、ノーザンファーム(安平町)が母体。ディープは同牧場の生産馬で、毎年同パークで行われるセレクトセールの出身馬。中央競馬で牡馬クラシック三冠を含む史上最多タイのGⅠ7勝を挙げた。引退後は安平町の社台スタリオンステーションで種牡馬生活を過ごしていたが、昨年7月30日に急死した。

 常設展はギャラリー2階に開設。GⅠで勝利した瞬間の写真が並ぶ階段を上がると、入り口に縦2・1メートル、横5メートルの特大パネルがあり、ディープの大きな写真が目に飛び込んでくる。同コーナーのためにディープのオーナーだった金子真人氏、調教師だった池江泰郎氏ら8人がメッセージを寄せた。主戦騎手だった武豊騎手は「すべてのレースで騎乗したことは騎手としての誇り。ディープは僕にとって永遠のヒーロー」などの言葉をディープに贈った。

 三冠の優勝レイや記念トロフィーなど記念品15点、幼少期やセレクトセール、各レース、引退後の写真などを展示し、DVDでレースの様子を振り返っている。

3冠クラシックの優勝トロフィーなどが展示されているコーナー

 同パークはディープが死んだ後も追悼コーナーを設けたり、優勝レイなどを並べる特別展を開いたりしてきた。マーケティング室の高宮望主任(38)は「ディープはファンの多い馬。いつまでも思い出を残せる場を作りたかった。関係者の協力でコーナーができたので、見てもらえたら新しい発見もあると思う」とアピールしている。

 午前9時~午後5時の同パーク営業時間内に自由に見学できる。

関連記事

長野日報社

「星ケ塔遺跡」今年も人気 今季初の日帰りツアー 長野県下諏訪町

 長野県下諏訪町観光振興局は22日、同町郊外にある国史跡「星ケ塔黒曜石原産地遺跡(星ケ塔遺跡)」を訪ねる日帰りツアーの今季初回を開いた。全国各地から定員いっぱいの15人が参加。一行は標高約1500...

然別湖上の景色 遊覧船で 安全確認入念に 今季の運航開始

 今季の然別湖の遊覧船運航が21日、始まった。10月末まで毎日運航され、普段はなかなか見ることができない湖上からの風景を楽しめる。  遊覧船は、然別湖畔温泉ホテル風水が1963年から運航。来...

大島紬がフェラーリ内装に ニューヨークで機織り実演も

 イタリアの高級車メーカー「フェラーリ」が、本場奄美大島紬を織り込んだ生地を運転席の内装に使用した特別仕様車を製造し、話題を呼んでいる。大島紬織元のはじめ商事(鹿児島県奄美市名瀬、元允謙社長)が...

長野日報社

「すずらん祭り」開幕 長野県富士見町の富士見パノラマリゾート

 長野県富士見町の富士見パノラマリゾートで21日、スズランの開花期に合わせた「120万本のすずらん祭り」が開幕した。6月19日までの期間中はゴンドラ往復券の購入者に山野草の苗をプレゼント。町花スズ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク