全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ディープ輝かしい生涯 ノーザンホースパークがメモリアルコーナー開設

入り口に掲げられた特大パネル

 苫小牧市美沢のノーザンホースパークは18日、中央競馬のGⅠ七冠馬ディープインパクト(以下ディープ)の常設展「メモリアルコーナー」をホースギャラリー内に開設した。ディープが残した輝かしい記録や功績を関係者8人が寄せたメッセージ、優勝レイや記念トロフィーの展示などを通して紹介している。

 同パークは競走馬の生産・育成牧場、ノーザンファーム(安平町)が母体。ディープは同牧場の生産馬で、毎年同パークで行われるセレクトセールの出身馬。中央競馬で牡馬クラシック三冠を含む史上最多タイのGⅠ7勝を挙げた。引退後は安平町の社台スタリオンステーションで種牡馬生活を過ごしていたが、昨年7月30日に急死した。

 常設展はギャラリー2階に開設。GⅠで勝利した瞬間の写真が並ぶ階段を上がると、入り口に縦2・1メートル、横5メートルの特大パネルがあり、ディープの大きな写真が目に飛び込んでくる。同コーナーのためにディープのオーナーだった金子真人氏、調教師だった池江泰郎氏ら8人がメッセージを寄せた。主戦騎手だった武豊騎手は「すべてのレースで騎乗したことは騎手としての誇り。ディープは僕にとって永遠のヒーロー」などの言葉をディープに贈った。

 三冠の優勝レイや記念トロフィーなど記念品15点、幼少期やセレクトセール、各レース、引退後の写真などを展示し、DVDでレースの様子を振り返っている。

3冠クラシックの優勝トロフィーなどが展示されているコーナー

 同パークはディープが死んだ後も追悼コーナーを設けたり、優勝レイなどを並べる特別展を開いたりしてきた。マーケティング室の高宮望主任(38)は「ディープはファンの多い馬。いつまでも思い出を残せる場を作りたかった。関係者の協力でコーナーができたので、見てもらえたら新しい発見もあると思う」とアピールしている。

 午前9時~午後5時の同パーク営業時間内に自由に見学できる。

関連記事

荘内日報社

避難所に段ボールベッド組み立て(鶴岡・大泉小)児童と保護者対象「防災体験..

 鶴岡市大泉地区の避難所に指定されている大泉小学校(奥田満哉校長、児童137人)で4日、全校児童と親を対象にした防災体験教室が開かれ、専門家による講話やワークショップ、避難所開設体験が行われた。 ...

紀伊民報社

「甘くて濃厚」と好評 作業所開発のミニトマトジュース

 和歌山県みなべ町の「なかよし福祉会」が運営する「なかよし作業所」が、地元の農家からミニトマトを仕入れて作るジュースが「甘くて濃厚な味でおいしい」と好評だ。障害者の就労を支援する団体が作ったカタ...

丸ごと120㍍移動 キャンプセンター曳家工事本格化  千歳モラップの支笏湖..

環境省北海道地方環境事務所は6日、千歳市モラップの支笏湖野営場で、「キャンプセンター」の曳家(ひきや)工事を公開した。建物を解体せずにそのままの状態で移動させる伝統的な建築工法。同省による曳家工事...

パイ生地で彩り鮮やか 豊頃のエレゾがシカやクマの限定テリーヌ

 食肉加工・飲食業のエレゾ社(豊頃町、佐々木章太代表)は、テリーヌをパイ生地で包んだフランスの伝統料理「パテアンクルート」の販売を会員限定で始めた。  放牧豚やエゾシカ、クマなどの肉を使った...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク