全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

若い世代に「小説を」 SNS以外の世界知って-直木賞受賞の馳星周さん

地元の浦河町で直木賞受賞を祝うケーキを手に喜ぶ馳さん。この後、小説に対する思いを語った

 小説「少年と犬」が第163回直木賞(日本文学振興会主催)に決まった15日、著者の馳星周さん(55)=苫小牧東高卒、長野県軽井沢町在住=は、出身地の浦河町で故郷への思いや若い世代に向けたメッセージを語った。

 馳さんはこの日、同町で受賞の知らせを受け取った。通常は東京都内のホテルで行われる記者会見も、インターネットを使って対応した。「もし(賞を)頂けるのであれば、浦河で頂けるのも楽しいかなと思った」と、その思いを語った。

 2年前に仕事で久しぶりに同町を訪れた際に「俺の生まれ故郷はこんなにいいところだったのか」と再発見し、昨年から夏の数カ月間を同町で過ごしている。「とにかく夏が涼しくて過ごしやすい。子どもの時はそう思わなかったが、野菜と海鮮が本当においしくて最高」と話し、「今まで生まれ故郷に背を向け続けてきて『すみませんでした』という気持ち」と笑顔を浮かべた。

 この日はゆかりのある地元の人たちも一緒に受賞の知らせを待ち、吉報が寄せられると歓喜に沸いた。馳さんは「自分は18歳で北海道を出た人間なのに、直木賞の受賞の報に接してこんなに喜んでくれるとは」と感激の表情。「北海道もコロナでみんなが大変な思いをしているところに、いいニュースが来たなと思ってもらえたらうれしい」と語った。

 受賞に際し、今願っているのは「自分の本だけではなく、若い世代に小説を読んでもらいたい」ということだ。「インターネットの中では自分と違う意見は全部敵のようになっているが、そんなことはない。たまたま意見が違うだけ。そこでどうするのか議論するには、文章読解力がないとどうにもならない。小説は文章読解力を養える」と強調。「小説はインターネットのデジタルとは全然違う世界が広がっている。とにかくSNS(インターネット交流サイト)以外にも世界があることを知ってもらいたい」と力を込めた。

関連記事

長野日報社

特産かりんのシロップ漬け 出荷に向け手際よく作業 長野県諏訪市の原田商店

食品製造販売の原田商店(諏訪市湖南、原田俊社長)は、同市の諏訪湖ヨットハーバー近くの「かりん並木」で収穫された地元特産のかりん(マルメロ)を使う「かりんシロップ漬け」の製造を始めた。12月1日...

紀伊民報社

仏手柑収穫シーズン

 和歌山県田辺市内で、正月飾りや生け花などに使われる希少なかんきつ類、仏手柑(ぶっしゅかん)の収穫が始まった。  インド原産。形が仏の手のように見えることから、この名前が付いたといわれる。果肉は...

荘内日報社

出羽三山神社「松例祭」に備え 掛け声合わせ「厄綱」の綱打ち作業 コロナ収束..

 出羽三山神社の松例祭で使われる「厄綱」の綱打ち作業が28日、鶴岡市羽黒町荒川の農業・加藤忠志さん(74)方で行われた。地区の男性が「追い廻し」と呼ばれる太い綱を仕上げ同神社に奉納した。  例...

「とまチョップバス」市内中高生が側面にイラスト、道南バスが1日から期間限..

苫小牧の中学校と高校計5校は27、28の両日、道南バス(室蘭市)が苫小牧市内で走らせる路線バス1台の側面に市の公式キャラクター「とまチョップ」を描いた。バスは12月1日から25日まで期間限定運行す...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク