全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

フライングディスク 世界大会誘致へ

2019年6月、白良浜で開かれたビーチアルティメットのアジア・オセアニア選手権

 スポーツを通じた地域振興に連携して取り組むことを目的に、「南紀エリアスポーツ合宿誘致推進協議会」を構成する6市町と県西牟婁振興局は8月4日、「日本フライングディスク協会」と協定を結ぶ。昨年にはフライングディスク競技の一種「ビーチアルティメット」のアジア・オセアニア選手権が和歌山県白良浜(白浜町)で初めて開かれており、今後は世界大会の誘致に向けて協力していきたいという。

 推進協は田辺、みなべ、上富田、白浜、すさみ、串本の6市町などで構成。西牟婁振興局企画産業課に事務局があり、エリア内のスポーツ施設を生かした合宿誘致に一体となって取り組んでいる。
 日本フライングディスク協会は、国内でのフライングディスク競技12種目の統括団体。現在、約5200人が競技者として登録している。
 ビーチアルティメットは5人制のチームスポーツ。ディスクを落とさずに味方にパスをしてつなぎ、コート端のエンドゾーンでキャッチすれば得点になる。アジア・オセアニア選手権(世界フライングディスク連盟主催)が昨年6月にあり、日本を含め10の国・地域から約700人が参加した。
 世界大会は、国内ではまだ開催されたことがない。過去の世界大会の参加規模は、2千人ほどという。
 推進協事務局は「南紀エリアには白良浜や扇ケ浜など会場となるビーチが複数あり、宿泊施設も豊富。広域で連携して合宿誘致に取り組んでいるという下地もある。国内の第一候補地として、協力して世界大会誘致に取り組んでいきたい」と話している。

関連記事

北羽新報社

これぞ白砂青松 能代の住民団体が砂防林で松葉かき

 能代市の住民グループ・風の松原に守られる人々の会(桜田隆雄会長)は17日朝、今年度の林床改良作業を同市河戸川字西山下の松林で始めた。クロマツの生育環境を整え、「白砂青松」の美しい風景を維持しよ...

戦跡や慰霊碑巡る 学習成果発表向け 八商工観光コース

 八重山商工商業科観光コース2年生14人が17日、慰霊の日特設授業や観光コースづくりにつなげることを目的に㈲南ぬ島交通企画の「平和学習ツアー」に参加し、戦跡や慰霊碑を巡った。6月23日の「慰霊の日」に...

長野日報社

御柱祭下社里曵き 安全な曳行へ氏子協力 夜間にずれ込み日程課題 長野県

 諏訪大社御柱祭下社里曳きは14~16日に長野県下諏訪町で行われ、春宮、秋宮の社殿の四隅に計8本の御柱を無事に曳き建てた。初日午前に小雨が降ったが期間を通じて天候に恵まれ、新型コロナウイルスの感染...

紀伊民報社

パンダの竹でイカの産卵床 食べ残し使い30基

 和歌山県白浜町のレジャー施設「アドベンチャーワールド」は17日、ジャイアントパンダが食べ残した竹の枝葉を使ってアオリイカの産卵床を作った。町内の海底に沈めて産卵状況を観察し、効果があれば継続し...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク