全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

フライングディスク 世界大会誘致へ

2019年6月、白良浜で開かれたビーチアルティメットのアジア・オセアニア選手権

 スポーツを通じた地域振興に連携して取り組むことを目的に、「南紀エリアスポーツ合宿誘致推進協議会」を構成する6市町と県西牟婁振興局は8月4日、「日本フライングディスク協会」と協定を結ぶ。昨年にはフライングディスク競技の一種「ビーチアルティメット」のアジア・オセアニア選手権が和歌山県白良浜(白浜町)で初めて開かれており、今後は世界大会の誘致に向けて協力していきたいという。

 推進協は田辺、みなべ、上富田、白浜、すさみ、串本の6市町などで構成。西牟婁振興局企画産業課に事務局があり、エリア内のスポーツ施設を生かした合宿誘致に一体となって取り組んでいる。
 日本フライングディスク協会は、国内でのフライングディスク競技12種目の統括団体。現在、約5200人が競技者として登録している。
 ビーチアルティメットは5人制のチームスポーツ。ディスクを落とさずに味方にパスをしてつなぎ、コート端のエンドゾーンでキャッチすれば得点になる。アジア・オセアニア選手権(世界フライングディスク連盟主催)が昨年6月にあり、日本を含め10の国・地域から約700人が参加した。
 世界大会は、国内ではまだ開催されたことがない。過去の世界大会の参加規模は、2千人ほどという。
 推進協事務局は「南紀エリアには白良浜や扇ケ浜など会場となるビーチが複数あり、宿泊施設も豊富。広域で連携して合宿誘致に取り組んでいるという下地もある。国内の第一候補地として、協力して世界大会誘致に取り組んでいきたい」と話している。

関連記事

北羽新報社

世界遺産「白神山地」 入山の規制緩和求め要望書

 東北地方で自然保護活動に取り組む市民団体「白神逍遥(しょうよう)の会」などは29日、世界自然遺産・白神山地の核心地域(本県側)の入山規制の見直しを求める提案書を林野庁東北森林管理局(秋田市)と県...

長野日報社

特産かりんのシロップ漬け 出荷に向け手際よく作業 長野県諏訪市の原田商店

食品製造販売の原田商店(諏訪市湖南、原田俊社長)は、同市の諏訪湖ヨットハーバー近くの「かりん並木」で収穫された地元特産のかりん(マルメロ)を使う「かりんシロップ漬け」の製造を始めた。12月1日...

紀伊民報社

仏手柑収穫シーズン

 和歌山県田辺市内で、正月飾りや生け花などに使われる希少なかんきつ類、仏手柑(ぶっしゅかん)の収穫が始まった。  インド原産。形が仏の手のように見えることから、この名前が付いたといわれる。果肉は...

荘内日報社

出羽三山神社「松例祭」に備え 掛け声合わせ「厄綱」の綱打ち作業 コロナ収束..

 出羽三山神社の松例祭で使われる「厄綱」の綱打ち作業が28日、鶴岡市羽黒町荒川の農業・加藤忠志さん(74)方で行われた。地区の男性が「追い廻し」と呼ばれる太い綱を仕上げ同神社に奉納した。  例...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク