全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

バスに抗ウイルス・除菌作業

座席やカーテンに薬剤を吹き付けるJR西日本広島メンテックの社員(中国ジェイアールバス山口支店で)

 中国ジェイアールバス(前田昌裕社長、本社広島市)は、新型コロナウイルス感染防止対策として、保有する全バスの車内への抗ウイルス・除菌加工を施す作業を進めている。15日には山口市惣太夫町の山口支店で作業の様子を報道陣に公開し、安心・安全な環境整備をアピールした。

 車内に施すのは、太陽光や人工照明などの可視光に反応し、強い酸化力でウイルスや菌の増殖を抑える光触媒。薬剤として座席やカーテンに吹き付け、昇降ドアの内側などには塗り込む。1回のコーティングで3年以上効果が持続するという。 山口支店では、山口と福岡、萩をそれぞれ結ぶ高速のほか、貸し切り、路線で計35台を保有している。作業はJR西日本広島メンテックの社員が8日から進め、18日には全車両を終える予定。

 コロナ禍で乗客数が落ち込んでおり、路線バスは前年に比べて3割減、高速バスは半減という状況。JR新山口駅―東萩駅を走る高速「スーパーはぎ」号は先に運行を再開し、4月上旬から運行を休止している高速「福岡・山口ライナー」は、国内旅行の需要喚起策「Go To トラベル」キャンペーンに合わせ、23日から走らせる。

 この他、同社では社員の体調管理とマスクの着用、バス車内と乗車券販売窓口への消毒液設置、車内の消毒と換気、運転席周りへのビニールカーテン設置などの感染予防対策を実施している。前田社長は「日本バス協会のガイドラインに沿って、さまざまな手だてを講じている。これまでバスや電車、飛行機内での感染は報告されていないが、さらに一歩進んで感染リスク低減を図っていくので、ご利用いただきたい」と語った。

関連記事

長野日報社

特産かりんのシロップ漬け 出荷に向け手際よく作業 長野県諏訪市の原田商店

食品製造販売の原田商店(諏訪市湖南、原田俊社長)は、同市の諏訪湖ヨットハーバー近くの「かりん並木」で収穫された地元特産のかりん(マルメロ)を使う「かりんシロップ漬け」の製造を始めた。12月1日...

紀伊民報社

仏手柑収穫シーズン

 和歌山県田辺市内で、正月飾りや生け花などに使われる希少なかんきつ類、仏手柑(ぶっしゅかん)の収穫が始まった。  インド原産。形が仏の手のように見えることから、この名前が付いたといわれる。果肉は...

荘内日報社

出羽三山神社「松例祭」に備え 掛け声合わせ「厄綱」の綱打ち作業 コロナ収束..

 出羽三山神社の松例祭で使われる「厄綱」の綱打ち作業が28日、鶴岡市羽黒町荒川の農業・加藤忠志さん(74)方で行われた。地区の男性が「追い廻し」と呼ばれる太い綱を仕上げ同神社に奉納した。  例...

「とまチョップバス」市内中高生が側面にイラスト、道南バスが1日から期間限..

苫小牧の中学校と高校計5校は27、28の両日、道南バス(室蘭市)が苫小牧市内で走らせる路線バス1台の側面に市の公式キャラクター「とまチョップ」を描いた。バスは12月1日から25日まで期間限定運行す...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク