全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

まちの魅力発信 女性向け無料ガイド本

田辺市街地の魅力を発信するガイドブック「朝・昼・夕・夜 田辺めぐり」

 和歌山県田辺市は、市街地の魅力を発信するガイドブック「朝・昼・夕・夜 田辺めぐり」(B5判、48ページ)を発行した。女性を対象に「熊野古道+街なかめぐり」の誘客につなげたいという。観光拠点などで無料配布する。

 田辺市の外国人宿泊客は年々増加している。2016年は3万958人で、市町村合併した05年に比べ、27倍になった。一方、国内の宿泊客は伸び悩んでいる。16年は37万6469人で、合併時の40万人台を割り込んだ。  そこで、ガイドブックは旅行や買い物など行動意欲の高い女性を対象にした。監修には、旅や菓子、建築などを題材にする文筆家、甲斐みのりさんを起用。喫茶店や飲食店街「味光路」、田辺の何げない風景など75カ所を「朝・昼・夕・夜」と分類して紹介している。  「朝」はレトロな喫茶店やパン店、闘鶏神社、「昼」は菓子店や雑貨店、「夕」はクラフトビール工場や書店、「夜」は「味光路」―など。甲斐さんの視点で地元でも知られていない「穴場」や定番店の「知られざる魅力」を引き出している。  掲載店やスポットは、紀伊田辺駅からの距離を「徒歩」「自転車」「自動車」のマークで表示。巻末には散策マップも掲載している。土産や熊野本宮大社周辺を紹介するページもある。  甲斐さんは13年度に田辺観光協会が発行した案内冊子「暮らすように旅する田辺」を監修・制作した。東京在住だが、年に数回、田辺市に通っているという。「田辺は朝から夜まで楽しめるまち。冊子を手に旅を楽しんでほしい」とコメントしている。  ガイドブックは田辺市役所や各行政局、市観光センター、熊野古道館、世界遺産熊野本宮館などで配布する。希望者には送料(205円切手)のみで郵送する。1万冊発行し、制作費は300万円。  問い合わせは田辺市たなべ営業室(0739・33・7714)へ。

関連記事

とよかわ冒険スタンプラリー

 豊川市観光協会(日比嘉男会長)は、県主体で誘客を図る愛知デスティネーションアフターキャンペーンに合わせ、昨年に続いて10月1日から12月22日まで「とよかわ冒険スタンプラリー~集まれ!いなりん探...

豊橋のブランド梨「あきづき」食べ頃

 豊橋市小島町産のブランド梨「あきづき」が旬を迎え、JAあぐりパーク食彩村(豊橋市東七根町)の店頭に並んでいる。  秋に収穫され、月のように丸みを帯びている形から「あきづき」と呼ばれ、シャリ...

「なつぞら」天陽君にさよならを 帯広・真鍋庭園に献花台

 NHK連続テレビ小説「なつぞら」のロケセットを展示する帯広市内の真鍋庭園に4日、劇中で死去した青年画家山田天陽の献花台が設置された。同日午前からなつぞらファンが訪れ、“別れ”を惜しんでいる。 ...

砥鹿神社特別参拝と魅力散策

 豊川市観光協会(日比嘉男会長)は30日、おもてなしプロジェクトとして、豊川市一宮町の三河国一宮・砥鹿神社(岩崎和夫宮司)でセミナー「もっと知りたい 特別参拝と魅力散策」を開催し、子どもからお...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク