全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

天王さまに終息願う 胡瓜まつり 御護符受け取る

 鶴岡市昭和町の八坂神社(齋藤元宮司)で15日、例祭の「胡瓜(きゅうり)まつり」が行われた。参拝者がキュウリ2本を奉納献上し、先に供えられた1本を「御護符(おごふ)」として持ち帰る風習がある例祭だが、今年は新型コロナウイルス感染の影響で、神社が用意したキュウリ1本ずつが手渡された。

 同神社の祭神「牛頭(ごす)天王」は疫病防除の神様で、古くから地元住民に「天王さま」と呼ばれ親しまれている。奉納されたキュウリを家庭に持ち帰って食べると、厄よけになるといわれている。

 今年の例祭は新型コロナのため神事のみ執り行い、例年実施している子どもたちのたるみこしの練り歩き、演芸ショーなどは取りやめた。また、参拝者からのキュウリの奉納は受け付けないことにしたが、疫病退散を祈願したキュウリを1本ずつ紙袋に入れ、参拝者に御護符として撤下(てっか)(おさがり)した。

 夕方にかけて地元の氏子が参拝に訪れたほか、「初めて来ました」という市民もいて、「頂いたキュウリはどのようにして食べればいいの」と尋ねる人もいた。

 同神社の責任役員や総代9人が参列して本殿で行われた神事では、齋藤宮司が地域の安寧と人々の健康とともに、「悪しき流行り病」の新型コロナ退散を祈願。責任役員の佐藤勝悦さん(82)は「八坂神社の例祭は疫神祭。疫病防除の牛頭天王の力で、新型コロナの早期終息を願いたい」と話していた。

疫病退散を祈願した御護符のキュウリを受け取る参拝者たち

関連記事

長野日報社

諏訪湖のワカサギ守れ 舟で魚食性鳥類追い払い 長野県諏訪市

魚食性鳥類から諏訪湖の水産資源のワカサギを守ろうと、諏訪湖漁業協同組合や県などでつくる諏訪湖漁場活性化協議会が舟を使った追い払いを続けている。来春の採卵事業で十分な魚卵を確保するため、同漁協組...

荘内日報社

庭園に浮かぶ光の映像 幻想的な世界演出 鶴岡「玉川寺」プロジェクションマッ..

 鶴岡市羽黒町の玉川寺で4、5の両日、光の映像「プロジェクションマッピング」が行われた。  冬の誘客を図ろうと県庄内総合支庁地域産業経済課と庄内観光コンベンション協会、玉川寺の3者がタイアップ...

紀伊民報社

木熟ミカンの収穫始まる

 田辺・西牟婁で栽培されている早生温州ミカンのJA紀南のブランド「木熟みかん」の収穫が始まった。実を木にならしたまま熟度を高めるのが特徴で、早生温州ミカンのうち一定の糖度以上を木熟みかんとして出...

恐竜フェスタ にぎわう AR、VRで むかわ竜再現 記念撮影に長い列

むかわ町が恐竜を前面に出してまちをアピールするイベント「恐竜フェスタ」が4、5両日、同町道の駅「四季の館」をメイン会場に開かれた。AR(拡張現実)技術を使い、スマートフォンの画面で「カムイサウルス...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク