全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

30年続く贈り物「ありがとう」 今年はみかんジュース届く

 鶴岡市睦町の常念寺保育園(渡邊嶺子園長、園児154人)に14日、静岡県浜松市から特産の「三ヶ日みかん」(温州みかん)のジュースが届き、園児たちを喜ばせている。

 ジュースを贈ったのは天方産業(浜松市)会長で、浜松市相撲連盟会長、天方産業グループの天方吹奏楽団音楽監督も務めている天方啓二さん。天方さんは1992(平成4)年、鶴岡市で行われたべにばな国体相撲競技に静岡県代表役員として帯同。会場で行われた同園のマーチングバンド「フラワーバンド」のアトラクション演奏に感動したという。同年冬に同園を訪れ鍵盤ハーモニカを贈ったのをはじめ、以来ほぼ毎年、三ヶ日みかんを贈り、子どもたちを応援している。

 今回は事前に「こういう(新型コロナウイルス感染症が広がる)ご時世なので、生ものでない方が良いのでは」と連絡があり、三ヶ日みかん果汁100%の缶ジュース120本(1本280ミリリットル入り)が贈られてきた。

 15日には、園を運営する社会福祉法人和順会の渡邊成孝理事長が年長児25人に対し、「皆さんに、頑張ってほしいとミカンや楽器を贈ってくれている」と天方さんのことを説明。園児たちはジュースを1本ずつ掲げ、「ありがとう」と大きな声で天方さんへの感謝を表した。家庭に持ち帰り、家族に天方さんの話をしてもらうという。

 渡邊理事長は「30年近くたっているのに、フラワーバンドのことを忘れず、こうした寄贈を続けてもらっていることに感謝。こうした人の存在に、子どもたちも温かい気持ちになっていると思う」と話した。フラワーバンドは情操教育の一環で年長、年中児全員が参加する活動として続け、今年も12月に発表会を予定しているという。

「ありがとう」とみかんジュースを掲げる常念寺保育園の年長児たち

関連記事

紀伊民報社

大規模演習で防災力確認 熊野川河川敷に600人参加

 和歌山県新宮市の熊野川河川敷で28日、総合水防演習があった。国土交通省や県、周辺自治体のほか、警察や消防、自衛隊などから約600人が参加し、いざという時の対応策を確認した。  紀伊半島大水害(...

荘内日報社

「し のたまわく……」 御隠殿に元気な声響く 鶴岡・少年少女古典素読教室

 「しのたまわくまなんでしこうしてこれをじしゅうす(子曰学而時習之)」―。旧庄内藩校「致道館」の学風を受け継ぎ、半世紀を超えて続く「少年少女古典素読教室」の本年度開講式が28日、鶴岡市の致道博物館内の...

足湯に漬かってワンちゃん満足 十勝川温泉ドッグラン

 「道の駅ガーデンスパ十勝川温泉」(音更町十勝川温泉北14)の外庭に、モール温泉を利用して整備された、全国初の犬の足湯付きドッグランが28日にオープンした。  この日は午前10時のオープン後...

舟こぎ競争、3年ぶり開催へ 奄美まつり パレード、八月踊りは見送り

 鹿児島県奄美市の奄美まつり協賛会(会長・安田壮平奄美市長)の2022年度総会が27日、奄美市役所会議室であり、今年の「第59回奄美まつり」は規模を縮小して8月5、6の両日に開催する方針を固めた...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク