全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

「出掛けたいが、遠出はちょっと…」 地元の宿で“身近な非日常”を

 鶴岡市のDEGAM(デガム)鶴岡ツーリズムビューロー(理事長・皆川治市長)と鶴岡商工会議所(加藤捷男会頭)は、地元の宿を応援する共同企画「つる宿」を実施している。市民・県民限定で市内の温泉旅館・ホテルなど47施設のお得な利用プランを紹介している。

 新型コロナウイルス感染症の終息がまだ見えない中、「出掛けたいが、遠出はちょっと…」という旅行ニーズに応え、地元の宿で「身近な非日常」を楽しんでもらう狙い。市内の4温泉(湯野浜、あつみ、湯田川、由良)を中心に、デガムがこれまで実施してきたキャンペーンへの参加施設33施設と、鶴岡商工会議所の会員14施設の47施設が、市民・県民限定のお得な利用プランを紹介している。

 プラン内容は、温泉宿では通常1泊2食付で1万5000円のところを「1万円」という施設をはじめ、1泊2食付きで6000円、日帰り(松花堂弁当付き)で3000円、市街地のホテルでは1泊朝食付きで3950円(いずれもサービス料込み、諸税別)などさまざまだ。

「身近な非日常」を楽しんでもらう「つる宿」のパンフレット

 実施期間は9月30日(水)まで。施設ごとのプランを載せたパンフレットを製作して市内各戸や市役所、観光案内所、鶴岡信用金庫の各店舗などに配布したほか、専用ホームページでも紹介している。一部の施設は鶴岡TMOの「商店街元気回復商品券」を使える。また、一部の施設はお盆期間など設定除外日がある。問い合わせはデガム=電0235(25)7678=へ。

関連記事

荘内日報社

酒田・飛島 修学旅行先として脚光

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、小中学校の修学旅行が実施の有無も含め再検討を余儀なくされる中、行き先として本県唯一の離島・酒田市飛島が脚光を浴び始めている。当初は東京方面に出向く予定だった山...

紀伊民報社

わかやま文化祭盛り上げよう 広報キャラバン出発

 来年10月30日~11月21日、和歌山県内各地で130以上の文化イベントが開かれる「紀の国わかやま文化祭2021」(国民文化祭、全国障害者芸術・文化祭)に向け、機運を盛り上げようと「広報キャラ...

自然の中で政策考案 町長にプレゼン 芽室新採用職員

 今年度採用された町職員の研修が3、4の両日、めむろ新嵐山スカイパークで行われた。職員たちは、虫や鳥の鳴き声が聞こえる自然の中でまちづくり政策を考案。最後は手島旭町長にアイデアをプレゼンテーション...

宇部日報社

「オープンストリート宇部」好評

 飲食店が歩道にテラス席を設ける「オープンストリート宇部」が5日、市街地で始まった。市道の平和通り、寿橋通り、小串通りに面する17店舗が参加。初日はさっそく夜風に当たりながら会食を楽しむ人々の姿...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク