全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

JAXAが大気球実験 予定高度に届かず 大樹で今年度初

放球位置まで運ばれるJAXAの大気球

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は14日早朝、町内の町多目的航空公園内の大樹航空宇宙実験場で、気球内の気圧を高く保つスーパープレッシャー(SP)気球を放球した。上昇速度が上がらず、予定していた高度11.3キロには届かなかったが、沖合での回収までの運用を無事に行った。

 SP気球は、通常の気球とは異なり、圧力を常に高く保つ工夫が施されているため、長時間の飛行が可能。JAXAは2010年から開発を進めている。町内で自立飛行によるSP気球の実験を行うのは初めて。今回は一般的な気球の半分ほどの厚さとなる10ミクロンのポリエチレンフィルムに、高強度の繊維で作った網をかぶせて軽量化を図った。

 午前1時ごろからJAXAの大気球実験班が作業を開始。直径18メートル、体積2000立方メートルの大気球を格納庫から搬出し、同3時53分に上空へ放った。気球には70キロの機器と400キロの重り(鉄の粉)を搭載。何らかの原因で高度は約10キロにとどまり、重りを少しずつ落としながら40分後に気球と機器を切り離した。気球は同実験場から約23キロ、機器は約40キロの洋上で同5時40分までに回収した。

 同実験班の吉田哲也実験主任は「上昇スピードが出なかった原因は飛行データから今後検証する。放球から回収までの運用はできたため、1歩か半歩は前進した。最終的に2~3カ月飛行できる気球を目指したい」と話した。

 JAXAは9月上旬ごろまで町内で大気球実験を続け、大気球を使った火星探査用飛行機の開発に向けたグライダー飛行試験や電波望遠鏡の技術実証などを予定している。

関連記事

荘内日報社

酒田・飛島 修学旅行先として脚光

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、小中学校の修学旅行が実施の有無も含め再検討を余儀なくされる中、行き先として本県唯一の離島・酒田市飛島が脚光を浴び始めている。当初は東京方面に出向く予定だった山...

紀伊民報社

わかやま文化祭盛り上げよう 広報キャラバン出発

 来年10月30日~11月21日、和歌山県内各地で130以上の文化イベントが開かれる「紀の国わかやま文化祭2021」(国民文化祭、全国障害者芸術・文化祭)に向け、機運を盛り上げようと「広報キャラ...

自然の中で政策考案 町長にプレゼン 芽室新採用職員

 今年度採用された町職員の研修が3、4の両日、めむろ新嵐山スカイパークで行われた。職員たちは、虫や鳥の鳴き声が聞こえる自然の中でまちづくり政策を考案。最後は手島旭町長にアイデアをプレゼンテーション...

宇部日報社

「オープンストリート宇部」好評

 飲食店が歩道にテラス席を設ける「オープンストリート宇部」が5日、市街地で始まった。市道の平和通り、寿橋通り、小串通りに面する17店舗が参加。初日はさっそく夜風に当たりながら会食を楽しむ人々の姿...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク