全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

JAXAが大気球実験 予定高度に届かず 大樹で今年度初

放球位置まで運ばれるJAXAの大気球

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は14日早朝、町内の町多目的航空公園内の大樹航空宇宙実験場で、気球内の気圧を高く保つスーパープレッシャー(SP)気球を放球した。上昇速度が上がらず、予定していた高度11.3キロには届かなかったが、沖合での回収までの運用を無事に行った。

 SP気球は、通常の気球とは異なり、圧力を常に高く保つ工夫が施されているため、長時間の飛行が可能。JAXAは2010年から開発を進めている。町内で自立飛行によるSP気球の実験を行うのは初めて。今回は一般的な気球の半分ほどの厚さとなる10ミクロンのポリエチレンフィルムに、高強度の繊維で作った網をかぶせて軽量化を図った。

 午前1時ごろからJAXAの大気球実験班が作業を開始。直径18メートル、体積2000立方メートルの大気球を格納庫から搬出し、同3時53分に上空へ放った。気球には70キロの機器と400キロの重り(鉄の粉)を搭載。何らかの原因で高度は約10キロにとどまり、重りを少しずつ落としながら40分後に気球と機器を切り離した。気球は同実験場から約23キロ、機器は約40キロの洋上で同5時40分までに回収した。

 同実験班の吉田哲也実験主任は「上昇スピードが出なかった原因は飛行データから今後検証する。放球から回収までの運用はできたため、1歩か半歩は前進した。最終的に2~3カ月飛行できる気球を目指したい」と話した。

 JAXAは9月上旬ごろまで町内で大気球実験を続け、大気球を使った火星探査用飛行機の開発に向けたグライダー飛行試験や電波望遠鏡の技術実証などを予定している。

関連記事

長野日報社

特産かりんのシロップ漬け 出荷に向け手際よく作業 長野県諏訪市の原田商店

食品製造販売の原田商店(諏訪市湖南、原田俊社長)は、同市の諏訪湖ヨットハーバー近くの「かりん並木」で収穫された地元特産のかりん(マルメロ)を使う「かりんシロップ漬け」の製造を始めた。12月1日...

紀伊民報社

仏手柑収穫シーズン

 和歌山県田辺市内で、正月飾りや生け花などに使われる希少なかんきつ類、仏手柑(ぶっしゅかん)の収穫が始まった。  インド原産。形が仏の手のように見えることから、この名前が付いたといわれる。果肉は...

荘内日報社

出羽三山神社「松例祭」に備え 掛け声合わせ「厄綱」の綱打ち作業 コロナ収束..

 出羽三山神社の松例祭で使われる「厄綱」の綱打ち作業が28日、鶴岡市羽黒町荒川の農業・加藤忠志さん(74)方で行われた。地区の男性が「追い廻し」と呼ばれる太い綱を仕上げ同神社に奉納した。  例...

「とまチョップバス」市内中高生が側面にイラスト、道南バスが1日から期間限..

苫小牧の中学校と高校計5校は27、28の両日、道南バス(室蘭市)が苫小牧市内で走らせる路線バス1台の側面に市の公式キャラクター「とまチョップ」を描いた。バスは12月1日から25日まで期間限定運行す...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク