全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

「アマビエ」に扮した「もしぇのん」と「あののん」 コロナ対策取り組む店舗をPR

 酒田市は、市内で営業する宿泊・飲食業を中心に各店舗が新型コロナウイルス感染防止対策に取り組んでいることを広く周知するためのステッカーを作製、配布している。疫病退散の妖怪「アマビエ」に扮した市公認キャラクター「もしぇのん」「あののん」をメーンに、3枚のステッカーで「新しい生活様式」に対応した店舗運営を実施していることを示す。

 感染拡大に伴う外出自粛要請などで大きな打撃を受けた宿泊・飲食業への支援として市は今年4月、「飲食店等応援補助金」と銘打ち、申請のあった事業者に対し今年3月の上下水道料金の5倍相当額を支給。今月3日からは「営業再開応援金」として応援補助金を受けた事業者に5万円を追加交付している。市によると、これまで505件に交付。飲食店等応援補助金の申請は現在も受け付けている。

 今回作製したステッカーは応援金交付に合わせ配布している。何度も貼ったり剥がしたりできる再剥離タイプで、日本フードサービス協会、全国生活衛生同業組合中央会による「外食業の事業継続のためのガイドライン」に沿って、「もしぇのん」「あののん」が▽くっつかないで“のん”▽手を洗う“のん”▽換気をしてる“のん”▽マスクを着用してる“のん”―などと呼び掛ける仕様になっている。

 市は「ステッカーを貼ることで、ガイドラインに沿った安心して利用できる店とアピールできる。支援につながれば」と話した。ステッカーは残数があり、宿泊・飲食業以外の希望店にも無償で交付可。問い合わせなどは市商工港湾課=電0234(26)5361=へ。

宿泊・飲食業支援で酒田市が作製したステッカー

関連記事

荘内日報社

人を生かす農業絶やすな/多くの農家と交流感謝 やまがた農業女子ネットワーク..

 県内の女性農業者でつくるやまがた農業女子ネットワーク「あぐっと」による講演会が1日、鶴岡市の山形大学農学部で開かれ、学生44人が講演やワークショップを通じ、就農の課題や現状について考察した。 ...

ヤマメのいずし、樽前養鱒場で製造ピーク「にぎやかな年末彩って」

師走に入り、苫小牧市糸井の樽前養鱒場(石川正剛代表)で、白老町虎杖浜産のヤマメを使ったいずし作りがピークを迎えている。  同養鱒場はニジマスのいずしや薫製「たこでなし」が看板商品だが、尾頭付き...

「40年前のステッカー」好評 配送商品の購入者特典 帯広・平和園

 焼肉の平和園(帯広市、新田隆教社長)は、自社オンラインショップなどでのギフト商品拡充を記念し、購入者対象に期間限定で40年前から保管してきた平和園オリジナルステッカーを贈呈するサービスを行ってお...

宇部日報社

カタログギフト「ぶちうま!山口」がリニューアル

 県産原料100%をコンセプトとしたカタログギフト「ぶちうま!山口」が5年ぶりにリニューアルし、1日から販売を開始した。掲載商品は全197品。AR(拡張現実)で掲載商品を使った料理を見られる機能...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク