全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

新特産品お目見え【厚岸】

「温めると風味が増す」と高島昭人専務

 町が地元の農水産品を使った商品開発を支援する「特産品等開発支援制度」でこのほど、高島食品(床潭54、高島昭一代表取締役)の「牡(か)蠣(き)ラー油」とカキキン(奔渡1、中嶋均代表取締役)の「干しカキえもん」が商品化された。どちらも特産のカキの素材を生かした加工品で、日常使いのほか贈答や土産品としても人気を集めそうだ。

同制度は、町が2019年度に新設した。町内農林水産品などの地域資源や 町をイメージした特産品の開発と商品化を対象に経費の3分の2、最大100万円を助成する。19年度は両社を含む3社が採択を受け、初めての商品化となった。

 「牡蠣ラー油」は、厚岸産カキと厚岸上尾幌産のシイタケをラー油としょうゆベースの甘じょっぱいたれと合わせた一品。トウガラシの辛みとカキ、シイタケのうま味が絡み、ご飯のお供や酒のさかなにぴったりの味に仕上がっている。

 同社は地元魚介類を使ったカレーやパスタソースなどのレトルト商品が看板商品。商品開発は高島代表取締役(54)の弟、昭人専務取締役(49)を中心に2年前から試作を重ねてきた。昭人専務は「ご飯が進む味にこだわった。若い世代にも親しまれる商品になってほしい」と話す。

 価格は税込み810円(100㌘)。厚岸味覚ターミナル・コンキリエや厚岸漁協直売店などで取り扱う。問い合わせは同社0153(52)2010へ。  一方、「干しカキえもん」は厚岸生まれ、厚岸育ちのブランドカキ「カキえもん」を軽く薫製し、味を一切加えず3日間、55度で低温乾燥したもの。口いっぱいに凝縮されたカキそのもののうま味が広がる。

 同社は当初、16年にオープンしたオイスターバー「牡蠣場」で厚岸産カキのマルえもんでメニュー化。来店者から「お持ち帰りしたい」といった声が多く寄せられたことから、商品化に向け検討を重ねていた。中嶋代表取締役(61)は「食材の保存は干すことから始まった。生食とも違う素材そのものの味を楽しんでほしい」と言う。  価格は税込み1080円(10㌘、4個前後)。同 店とコンキリエで販売し ている。問い合わせは同 社0153(52)5277へ。

関連記事

長野日報社

「星ケ塔遺跡」今年も人気 今季初の日帰りツアー 長野県下諏訪町

 長野県下諏訪町観光振興局は22日、同町郊外にある国史跡「星ケ塔黒曜石原産地遺跡(星ケ塔遺跡)」を訪ねる日帰りツアーの今季初回を開いた。全国各地から定員いっぱいの15人が参加。一行は標高約1500...

然別湖上の景色 遊覧船で 安全確認入念に 今季の運航開始

 今季の然別湖の遊覧船運航が21日、始まった。10月末まで毎日運航され、普段はなかなか見ることができない湖上からの風景を楽しめる。  遊覧船は、然別湖畔温泉ホテル風水が1963年から運航。来...

大島紬がフェラーリ内装に ニューヨークで機織り実演も

 イタリアの高級車メーカー「フェラーリ」が、本場奄美大島紬を織り込んだ生地を運転席の内装に使用した特別仕様車を製造し、話題を呼んでいる。大島紬織元のはじめ商事(鹿児島県奄美市名瀬、元允謙社長)が...

長野日報社

「すずらん祭り」開幕 長野県富士見町の富士見パノラマリゾート

 長野県富士見町の富士見パノラマリゾートで21日、スズランの開花期に合わせた「120万本のすずらん祭り」が開幕した。6月19日までの期間中はゴンドラ往復券の購入者に山野草の苗をプレゼント。町花スズ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク