全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

アイヌ文化を発信 ウポポイ開業祝う-白老

ウポポイのオープニングセレモニーで行われたテープカット

 アイヌ文化の復興、発信拠点となる、民族共生象徴空間(ウポポイ)が12日、白老町のポロト湖畔で開業した。テープカットのオープニングセレモニーで華々しく幕開けし、初日は道内外から2068人が訪れた。博物館の展示や伝統芸能などを楽しみ、アイヌ文化への理解を深めた。

 ウポポイは、アイヌ語で「大勢で歌うこと」の意味。国が総事業費約200億円で整備した。国内最北、道内唯一の国立博物館を中核施設に、体験交流ホールや体験学習館、工房、チセ(家屋)などの各施設が並び、先住民族アイヌの歴史や文化、関わる人々などを幅広く紹介。開業予定日は当初4月24日だったが、新型コロナウイルスの感染拡大で、2度にわたり延期された。

 オープニングセレモニーでアイヌ民族文化財団の常本照樹理事長が主催者としてあいさつし「ウポポイはアイヌ文化の継承、新しい創造発展の拠点。活動を通じて国民の理解を深め、民族共生社会の実現に資する」と強調。ウポポイの管理運営に向けて「(交流を深めてきた)台湾、ハワイの関係諸国、地域との連携を深めながら重要な役割を果たす」と述べた。

 来賓あいさつで北海道アイヌ協会の加藤忠常務理事(前理事長)は「アイヌは自然との共生、寛容の精神の下、争いなく続いてきた。争いで物事は生まれず、やはり対話と交流で、ウポポイもできた」と指摘。鈴木直道知事や戸田安彦白老町長も祝辞を述べ、政府代表で刀禰(とね)俊哉内閣官房アイヌ統合政策室長もあいさつした。

 ウポポイPRアンバサダーの俳優宇梶剛士さん、アイドル坂口渚沙さん、オフィシャルサポーターの「TEAM NACS」森崎博之さん、戸次重幸さんも駆け付け、関係者ら12人で紅白のテープをはさみで切り、開業を華やかに祝った。

関連記事

荘内日報社

鶴岡東 初戦 青森山田

 県高校野球大会2020(県高野連主催)は1日、中山町の荘銀・日新スタジアムで決勝が行われ、鶴岡東が優勝した。コロナ禍のため例年とは違う形態の夏の大会だったが、余裕のある試合運びで東海大山形を9―4で下し...

紀伊民報社

チョウトンボ飛び回る

 夏本番を迎え、水生植物で水面が覆われたため池などで、金属色の羽が美しいチョウトンボがひらひらと飛び回っている。  チョウトンボは全長4センチほど。和歌山県田辺市内のため池では、雄が水辺の枝先な...

生きた魚と伝統に感動 児童が追い込み漁体験 大和村今里集落

 鹿児島県奄美大島の大和村立今里小学校(中村利之校長)の全校児童7人は2日、集落の海で追い込み漁を体験した。教職員と保護者のほか、集落の青壮年団員や中高生らも協力し、大小合わせて50匹以上の魚を...

食やスポーツ 事業展開 「アスリートファーム」設立 MTB・山本選手

 自転車マウンテンバイクで来夏の東京五輪日本代表が決まっている幕別町出身の山本幸平選手(34)=ドリームシーカーレーシングチーム-国際自然環境アウトドア専門学校、帯農高出=は、自らが個人事業主を務...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク