全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

アイヌ文化を発信 ウポポイ開業祝う-白老

ウポポイのオープニングセレモニーで行われたテープカット

 アイヌ文化の復興、発信拠点となる、民族共生象徴空間(ウポポイ)が12日、白老町のポロト湖畔で開業した。テープカットのオープニングセレモニーで華々しく幕開けし、初日は道内外から2068人が訪れた。博物館の展示や伝統芸能などを楽しみ、アイヌ文化への理解を深めた。

 ウポポイは、アイヌ語で「大勢で歌うこと」の意味。国が総事業費約200億円で整備した。国内最北、道内唯一の国立博物館を中核施設に、体験交流ホールや体験学習館、工房、チセ(家屋)などの各施設が並び、先住民族アイヌの歴史や文化、関わる人々などを幅広く紹介。開業予定日は当初4月24日だったが、新型コロナウイルスの感染拡大で、2度にわたり延期された。

 オープニングセレモニーでアイヌ民族文化財団の常本照樹理事長が主催者としてあいさつし「ウポポイはアイヌ文化の継承、新しい創造発展の拠点。活動を通じて国民の理解を深め、民族共生社会の実現に資する」と強調。ウポポイの管理運営に向けて「(交流を深めてきた)台湾、ハワイの関係諸国、地域との連携を深めながら重要な役割を果たす」と述べた。

 来賓あいさつで北海道アイヌ協会の加藤忠常務理事(前理事長)は「アイヌは自然との共生、寛容の精神の下、争いなく続いてきた。争いで物事は生まれず、やはり対話と交流で、ウポポイもできた」と指摘。鈴木直道知事や戸田安彦白老町長も祝辞を述べ、政府代表で刀禰(とね)俊哉内閣官房アイヌ統合政策室長もあいさつした。

 ウポポイPRアンバサダーの俳優宇梶剛士さん、アイドル坂口渚沙さん、オフィシャルサポーターの「TEAM NACS」森崎博之さん、戸次重幸さんも駆け付け、関係者ら12人で紅白のテープをはさみで切り、開業を華やかに祝った。

関連記事

長野日報社

諏訪湖のワカサギ守れ 舟で魚食性鳥類追い払い 長野県諏訪市

魚食性鳥類から諏訪湖の水産資源のワカサギを守ろうと、諏訪湖漁業協同組合や県などでつくる諏訪湖漁場活性化協議会が舟を使った追い払いを続けている。来春の採卵事業で十分な魚卵を確保するため、同漁協組...

荘内日報社

庭園に浮かぶ光の映像 幻想的な世界演出 鶴岡「玉川寺」プロジェクションマッ..

 鶴岡市羽黒町の玉川寺で4、5の両日、光の映像「プロジェクションマッピング」が行われた。  冬の誘客を図ろうと県庄内総合支庁地域産業経済課と庄内観光コンベンション協会、玉川寺の3者がタイアップ...

紀伊民報社

木熟ミカンの収穫始まる

 田辺・西牟婁で栽培されている早生温州ミカンのJA紀南のブランド「木熟みかん」の収穫が始まった。実を木にならしたまま熟度を高めるのが特徴で、早生温州ミカンのうち一定の糖度以上を木熟みかんとして出...

恐竜フェスタ にぎわう AR、VRで むかわ竜再現 記念撮影に長い列

むかわ町が恐竜を前面に出してまちをアピールするイベント「恐竜フェスタ」が4、5両日、同町道の駅「四季の館」をメイン会場に開かれた。AR(拡張現実)技術を使い、スマートフォンの画面で「カムイサウルス...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク