全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

帯広競馬場に歓声戻る ばんえい 4カ月ぶり観客受け入れ

 新型コロナウイルスの影響で2月29日から無観客開催を続けていた「ばんえい十勝」(帯広市主催)が11日、4カ月半ぶりに観客の受け入れを再開した。地元十勝だけでなく、管外や本州から“復活”を待ちわびたファンが大勢集まり、迫力あるレースや、動物たちとの触れ合いを楽しんだ。

観客の受け入れ再開を待ちわびた愛好家や観光客がレースを満喫した

 この日の帯広競馬場には管内外や本州からのマイカーが集まり、ばんえい競馬の人気の広がりをうかがわせた。

 開場予定時刻の午後2時前に50人以上の人が集まり、市は開場を同1時半に繰り上げて対応した。訪れた人たちは、新型コロナの感染予防のため、正門で検温とアルコール消毒を受け、記念グッズをもらって場内に入った。

 同2時40分の第1競走のスタート前に観客席からコースを眺めた帯広市の30代男性は「無観客になる以前は、月2、3回のペースで通っていた。やっぱり目の前でレースを見られるのはうれしい」と笑顔。「新型コロナは少し怖いが、感染対策に気を付けて楽しみたい」と話した。

 釧路市から家族3人で訪れた大石十三広(とみひろ)さん(38)、妻英恵さん(41)、長男(6)は、ふれあい動物園のポニー「ちっち」に会いに来た。「息子が自分と同じ愛称のちっちに思い入れがあるようで、ばんえい競馬に来たいと言っていた。やっぱり、動物と間近に触れ合えるのは魅力」と英恵さん。ポニーに声を掛けたり、記念写真を撮ったりしながら、家族で休日を満喫していた。

関連記事

荘内日報社

避難所に段ボールベッド組み立て(鶴岡・大泉小)児童と保護者対象「防災体験..

 鶴岡市大泉地区の避難所に指定されている大泉小学校(奥田満哉校長、児童137人)で4日、全校児童と親を対象にした防災体験教室が開かれ、専門家による講話やワークショップ、避難所開設体験が行われた。 ...

紀伊民報社

「甘くて濃厚」と好評 作業所開発のミニトマトジュース

 和歌山県みなべ町の「なかよし福祉会」が運営する「なかよし作業所」が、地元の農家からミニトマトを仕入れて作るジュースが「甘くて濃厚な味でおいしい」と好評だ。障害者の就労を支援する団体が作ったカタ...

丸ごと120㍍移動 キャンプセンター曳家工事本格化  千歳モラップの支笏湖..

環境省北海道地方環境事務所は6日、千歳市モラップの支笏湖野営場で、「キャンプセンター」の曳家(ひきや)工事を公開した。建物を解体せずにそのままの状態で移動させる伝統的な建築工法。同省による曳家工事...

パイ生地で彩り鮮やか 豊頃のエレゾがシカやクマの限定テリーヌ

 食肉加工・飲食業のエレゾ社(豊頃町、佐々木章太代表)は、テリーヌをパイ生地で包んだフランスの伝統料理「パテアンクルート」の販売を会員限定で始めた。  放牧豚やエゾシカ、クマなどの肉を使った...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク