全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「夏の味覚お届けします」 マンゴー収穫がピーク

 夏の味覚八重山産マンゴーの収穫がピークを迎えている。ことしは例年に比べて豊作の傾向。生産農家は旬の味を消費者に届けようと収穫・出荷作業に汗を流している。

 このうち、かわみつ農園(川満哲生代表)=登野城=では加盟している石垣島果樹生産出荷組合の独自ブランド「ポトリ果マンゴー」の収穫作業の真っただ中。袋の中で完熟落下したマンゴーをその日のうちに箱詰めして発送するため、7月頭から中旬にかけ大忙しだ。

 川満代表は「ことしは収穫量が多く、味もいい。糖度も平均で15度以上はあって満足できる味になっている」と出来に自信。「完熟落下して食べ頃の3日目にお客さまのお手元に届くように発送している。箱を開けた瞬間の香りや味を楽しんでもらいたい」と笑顔を見せた。

 ことしは日照も十分にあり、気温など条件が良かったため例年になく開花が順調。心配された新型コロナウイルス感染拡大による航空便の減便も解消された。贈答用など個人宅配を主にしているため、需要の落ち込みの影響はないという。

 八重山農林水産振興センター農業改良普及課によると、今期は201㌧(平年対10%増)の生産を見込んでいる。

関連記事

軽石を雑草対策に使用 黒島公民館が試行錯誤

 【黒島】島に漂着した軽石を有効活用しようと、黒島公民館の仲田和則館長は路上の雑草対策として試験的に軽石を使用している。  仲田館長は、島内を通る道路の植栽升で雑草が繁茂し景観を損ねているこ...

長野日報社

諏訪湖のワカサギ守れ 舟で魚食性鳥類追い払い 長野県諏訪市

魚食性鳥類から諏訪湖の水産資源のワカサギを守ろうと、諏訪湖漁業協同組合や県などでつくる諏訪湖漁場活性化協議会が舟を使った追い払いを続けている。来春の採卵事業で十分な魚卵を確保するため、同漁協組...

荘内日報社

庭園に浮かぶ光の映像 幻想的な世界演出 鶴岡「玉川寺」プロジェクションマッ..

 鶴岡市羽黒町の玉川寺で4、5の両日、光の映像「プロジェクションマッピング」が行われた。  冬の誘客を図ろうと県庄内総合支庁地域産業経済課と庄内観光コンベンション協会、玉川寺の3者がタイアップ...

紀伊民報社

木熟ミカンの収穫始まる

 田辺・西牟婁で栽培されている早生温州ミカンのJA紀南のブランド「木熟みかん」の収穫が始まった。実を木にならしたまま熟度を高めるのが特徴で、早生温州ミカンのうち一定の糖度以上を木熟みかんとして出...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク