全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

38年間の植物研究

瀧崎さんが「~東三河~野の花たちの歳時記」出版

 豊橋市立東部中学校教諭、瀧崎吉伸さん(61)が、38年余にわたる植物研究の成果を分かりやすくまとめた「~東三河~野の花たちの歳時記(ダイアリー)」を出版した。  当地の草花がカラー写真で収録されている。子どもたちに自然に興味を持ってもらおうと、勤務先の学校の廊下などで掲示してきたものをまとめた。季節感の喪失が言われて久しい。「足元の小さな花や虫が、移り行く季節をささやかに訴えています」。瀧崎さんが子どもたちに語り続け、巻頭に収録した言葉である。  豊橋生まれ。父が大学で植物学を研究し、家には2000点の植物標本があった。だが、父は瀧崎さんが高校1年生の時に亡くなり、志を継ごうと、その道に入った。愛知教育大では生物学を学び、1982年に市立高師台中に赴任。以来、市内の各中学で教壇に立つ傍ら、葦毛湿原の保護活動、県環境審議会専門調査員などを続けてきた。  瀧崎さんの業績でよく知られるのが、外来植物の発見と同定だ。海外のそれが人の移動によっていつの間にか入り込み、繁殖し、日本の固有種を脅かす。1990年代まで、県内でそれを専門に研究する人はいなかった。2010年に名古屋市で開催された「生物多様性条約第10回締約国会議」(COP10)を前に、調査を依頼された。

 豊橋市でのイネ科植物種「スパルティナ属」の発見(11年)と「ヒガタアシ」という和名の命名は瀧崎さんによる。08年に愛教大に問い合わせがあり、瀧崎さんが調査していたという。「干潟悪し、なんですよね」と瀧崎さん。ほとんどの人は見過ごす存在だが、実は魚の餌のゴカイを取る人たちの間では、その生息を脅かす存在として知られていた。同定し、和名をつけた植物は20種に及んでいる。  今でも週末などには、絶滅危惧種の観察などのついでに、新しい外来植物が繁殖していないかを見て回る。全国各地を調査し、屋久島にも足を運んだ。「変なやつ」を見つけたら、海外の植物データベースを調べて、研究する。地味な作業だが「新発見をして、誰も知らないことを自分だけが知っている、というのはとても興奮する」と瀧崎さんは笑う。  標本は3万5000点を超えた。県立自然史博物館が愛知には無いことを憂いていたが今春、豊橋市自然史博物館に外来植物を専攻した学芸員が入った。コレクションの整理、保管を進めているという。  瀧崎さんの「野の花たちの歳時記」は、四季折々の写真と、その草花にまつわるエピソードをやさしい文体で記している。

学校へ寄贈

市立小中学校全74校と私立桜丘中学校、くすのき特別支援学校、豊橋高校、家政高等専修学校に贈られる。  10日に市役所を訪れた瀧崎さんは「これまでの活動をまとめることができた。子どもたちが自然の生き物に興味を持ってもらうきっかけになれば」と語った。  山西正泰教育長は「植物好きな子どもたちが、わくわくするような内容です。写真なども見て活用してもらえるようにしたい」と話した。

関連記事

紀伊民報社

防災用品の購入急増 地震発生であらためて危機感

 3日に和歌山県の田辺市などで震度4の揺れを観測する地震が発生したのを受け、紀南地方で防災用品への関心が高まっている。田辺市内のホームセンターでも在宅避難用グッズの購入が増えている。  田辺市...

荘内日報社

ハタハタ高値 台所を直撃 「大黒様のお歳夜」他の魚に代替えも 複雑な表情

 9日は「大黒様のお歳(とし)夜(や)」。庄内ではハタハタの田楽を食べる風習があるが、今年はハタハタ漁に異変が起きている。1月から10月までの水揚げは昨年と比べて半減。近年指摘されている高い海水温が原...

62年前の苫東高新聞を発見、現役局員は質の高さに驚き

苫小牧市王子町の私設文学館「斉藤征義の宮沢賢治と詩の世界館」で、1959(昭和34)年12月5日付の苫小牧東高新聞第40号が見つかった。2019年に78歳で亡くなった詩人の故斉藤征義さんは、同高O...

地域交通に暮らしの視点 国交省、コロナ後へ研究会 十勝バスもモデル

 国土交通省はアフターコロナ時代の地域交通の方向性を考える新たな研究会を立ち上げた。新型コロナウイルスの影響で旅客の輸送需要が減少する中、地域の足としてのセーフティーネットに加え、地域住民の暮らし...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク