全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

全校放送で絵本の読み聞かせ再開 原中学校

放送室から全校生徒に向けて読み聞かせを行う「カントリーマアム」の清水明美さん(手前)

長野県原村原中学校で10日、全校放送を使った絵本の読み聞かせがあった。毎日の朝読書の時間を月1回、読み聞かせの時間に当てているが、新型コロナウイルス感染予防対策の一環で、読み手が生徒から離れた放送室から読み聞かせる新しい試み。子どもたちは各教室のテレビ画面で絵本の映像を見ながら、放送で物語を聞いた。

読み聞かせは、原村図書館ボランティアグループ「カントリーマアム」が20年以上前に原小学校で始めた。数年後には原中でも開始。月1回、メンバーが各教室で15分間の読み聞かせを行っている。今年度は感染症の影響で、5月の読み聞かせが小中とも中止に。原小では2学期まで休止するが、原中では1学期中の再開を模索し、全校放送での読み聞かせを試みることになった。6月11日が初回で、今回は2回目。次回の9月からは対面に戻す予定だ。

この日は、ボランティアの清水明美さん=同村払沢=と、司書の宮坂順子さんが放送室に待機。時間になると、清水さんがマイクに向かって物語を読み始め、宮坂さんが絵本のページをめくり、音声と画像が各教室に届いた。

今回は岡谷市出身の童画家、武井武雄が描いた絵本「にしきのむら」の読み聞かせ。2年生の清水琉偉(るい)さんは「いつものように近くで読んでもらう読み聞かせもいいけど、テレビと放送でやるのも違った感じで楽しかった」と満足げだった。

清水さんは「生徒の顔や反応が見えないのでちゃんと物語が伝わったのか不安」と難しさを実感。それでも、「いつもより念入りに練習したので物語の魅力が伝わってくれたら」と願った。宮坂さんは「こうした状況下でも工夫して取り組めてよかった」と手応えを話した。

関連記事

長野日報社

御柱祭下社里曵き 安全な曳行へ氏子協力 夜間にずれ込み日程課題 長野県

 諏訪大社御柱祭下社里曳きは14~16日に長野県下諏訪町で行われ、春宮、秋宮の社殿の四隅に計8本の御柱を無事に曳き建てた。初日午前に小雨が降ったが期間を通じて天候に恵まれ、新型コロナウイルスの感染...

紀伊民報社

パンダの竹でイカの産卵床 食べ残し使い30基

 和歌山県白浜町のレジャー施設「アドベンチャーワールド」は17日、ジャイアントパンダが食べ残した竹の枝葉を使ってアオリイカの産卵床を作った。町内の海底に沈めて産卵状況を観察し、効果があれば継続し...

荘内日報社

天神祭のごっつぉ「化け弁」楽しんで 鶴岡4事業所予約受け付け プレゼント・..

 伝統の祭りの雰囲気を家庭で楽しんでもらおうと、鶴岡商工会議所は今年も鶴岡市の天神祭(25日)に合わせた弁当「化け弁」の販売を企画した。地元食材を使った「祭りごっつぉ」を楽しんでもらう企画で、新たに...

女児に付きまとい校区で続発 帯広栄小学校 防犯教室を前倒し

 帯広栄小学校(市西17北1、塩田直之校長、児童393人)の校区内で4月中旬から不審者情報が相次いでいることを受け、同小は予定していた恒例の防犯教室を前倒しし、16日に実施した。帯広署員を講師に招...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク