全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

7地域の味を地元出身者へ 来月上旬から「出羽ふるさと応援便」“出発” 出羽商工会

 出羽商工会(本所・鶴岡市大山、上野隆一会長)は新型コロナウイルス対策で、管内7地域ごとの物産をセットにして送る「出羽ふるさと応援便」を来月上旬から実施する。地酒や漬物、お菓子、果物、海産物などを、3000円、5000円の2種の価格で計約20セット準備し、古里の味を地元出身者らに届ける。

 新型コロナで消費が落ち込むとともに、移動の自粛で5月の連休や夏休み期間も帰省を控える人が多くなるとみられる中、古里の物産を届け、地元の経済活性化につなげる狙い。宣伝パンフレットの制作や送料などの経費は同商工会が負担し、売り手、買い手双方にとってお得な企画とする。地域ごとに3000円、5000円のセットを数種類ずつ準備し、首都圏の古里会を通じ地元出身者らにPRしてもらう。

 セットは例えば、▽藤島=庄農うどんセット(庄内農業高の生徒が作る庄農うどんや、トビウオだし、豚肉など)▽大山=尾浦晩酌セット(地区内4蔵元の地酒、麦切り、漬物など)▽三川=みかわのおにぎりセット(つや姫の米飯パックと藻塩など)▽朝日=月山ワインセット(月山ワイン、山ぶどう果汁など)▽櫛引=くしびき葉月セット(茶豆、デラウエア、漬物、餅など)▽羽黒=羽黒スペシャル(地酒、漬物など)▽温海=摩耶山と海の幸セット(地酒・摩耶山、水産加工品)―など。

 9日には同商工会本所に各地域の担当者が詰め合わせ予定の物産を持ち寄り、上野会長らと共に中味や価格との釣り合いなどを確認、セットの名称を考えた。

 上野会長は「新型コロナで社会システムが大きく変わり、物を売る方法も変わる。地元の事業者がそうした変革を探るきっかけにもなれば」と企画への思いを語った。

 今月17日に藤島支所で各セットを撮影し、その後パンフを作成。来月上旬から受け付けを開始し、12月中旬ごろまで実施の予定。一部は季節で中身を変える。問い合わせは同商工会東部センター=電0235(57)2833=へ。

7地域の物産を持ち寄り、セットの名称などを検討した上野会長(右)ら=9日、出羽商工会本所

関連記事

荘内日報社

人を生かす農業絶やすな/多くの農家と交流感謝 やまがた農業女子ネットワーク..

 県内の女性農業者でつくるやまがた農業女子ネットワーク「あぐっと」による講演会が1日、鶴岡市の山形大学農学部で開かれ、学生44人が講演やワークショップを通じ、就農の課題や現状について考察した。 ...

ヤマメのいずし、樽前養鱒場で製造ピーク「にぎやかな年末彩って」

師走に入り、苫小牧市糸井の樽前養鱒場(石川正剛代表)で、白老町虎杖浜産のヤマメを使ったいずし作りがピークを迎えている。  同養鱒場はニジマスのいずしや薫製「たこでなし」が看板商品だが、尾頭付き...

「40年前のステッカー」好評 配送商品の購入者特典 帯広・平和園

 焼肉の平和園(帯広市、新田隆教社長)は、自社オンラインショップなどでのギフト商品拡充を記念し、購入者対象に期間限定で40年前から保管してきた平和園オリジナルステッカーを贈呈するサービスを行ってお...

宇部日報社

カタログギフト「ぶちうま!山口」がリニューアル

 県産原料100%をコンセプトとしたカタログギフト「ぶちうま!山口」が5年ぶりにリニューアルし、1日から販売を開始した。掲載商品は全197品。AR(拡張現実)で掲載商品を使った料理を見られる機能...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク