全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

「北の海のアイドル」登場/エビとカニの水族館にフウセンウオ

 和歌山県すさみ町のエビとカニの水族館は、丸い体と愛嬌(あいきょう)のある目が特徴で「北の海のアイドル」ともいわれるフウセンウオの展示を始めた。平井厚志館長は「まんまるでかわいい姿を見に来て」と来館を呼び掛けている。
 フウセンウオは北海道沿岸からオホーツク海などの北の海に生息。成長しても体長6センチほどにしかならない。展示しているのは生後3、4年で体長3~4センチの若魚5匹。同館での展示は初めて。普段から北海道のエビやカニ類を搬入している販売業者と漁師の協力で、北海道沖で偶然採集された5匹を搬送、展示することができたという。
 5匹は、水温が3度というホッコクアカエビ(通称甘エビ)の水槽の中で、隔離して展示している。泳ぐのはあまり得意ではなく、吸盤状の腹びれを使って岩などにくっついて生活している。
 平井館長は「まだ、雌雄の判別はできないが、大きく育てて繁殖にも挑戦したい」と話している。

関連記事

荘内日報社

鶴岡東 初戦 青森山田

 県高校野球大会2020(県高野連主催)は1日、中山町の荘銀・日新スタジアムで決勝が行われ、鶴岡東が優勝した。コロナ禍のため例年とは違う形態の夏の大会だったが、余裕のある試合運びで東海大山形を9―4で下し...

紀伊民報社

チョウトンボ飛び回る

 夏本番を迎え、水生植物で水面が覆われたため池などで、金属色の羽が美しいチョウトンボがひらひらと飛び回っている。  チョウトンボは全長4センチほど。和歌山県田辺市内のため池では、雄が水辺の枝先な...

生きた魚と伝統に感動 児童が追い込み漁体験 大和村今里集落

 鹿児島県奄美大島の大和村立今里小学校(中村利之校長)の全校児童7人は2日、集落の海で追い込み漁を体験した。教職員と保護者のほか、集落の青壮年団員や中高生らも協力し、大小合わせて50匹以上の魚を...

食やスポーツ 事業展開 「アスリートファーム」設立 MTB・山本選手

 自転車マウンテンバイクで来夏の東京五輪日本代表が決まっている幕別町出身の山本幸平選手(34)=ドリームシーカーレーシングチーム-国際自然環境アウトドア専門学校、帯農高出=は、自らが個人事業主を務...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク