全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

忠類ナウマンゾウ化石 足跡さらに発見を 現地事前調査

 幕別・忠類ナウマンゾウの発掘跡地で、今秋も実施される足跡化石発掘調査の打ち合わせが7日、現地で行われた。関係者が調査区域などを確認し、調査は10月19~22日、同26~28日の2回に分けて行うことを決めた。

今年の発掘調査の区域などについて確認する添田さん(右)ら

 昨年の調査では、12万年前ごろの足跡とみられる二つのくぼみが見つかり、専門家によって成獣の足跡と確認された。今年は昨年の調査場所の北側と東側斜面を同じ深さに掘り進めていき、新たな足跡を探す。

 昨年見つかった二つの足跡はナウマンゾウの歩いた方向について専門家らの見解が分かれるほか、同一個体とする見方と不明とする見方がある。複数の足跡が見つかればこれらの解明につながると期待される。

 この日は昨年に続いて調査に当たる北海道博物館学芸員の添田雄二さん、足寄動物化石博物館前館長の澤村寛さん、町教委職員らが現地で掘削場所や手順を確認した。

 添田さんは「昨年と同様に成果が出れば、来年以降の調査につなげられる」と期待を示し、「新型コロナでどこまでできるか分からないが、地元の子どもたちと何か事業ができれば」と話していた。

関連記事

長野日報社

人工授精で誕生の子牛「上農和福」競りに出品 上農高生徒

 上伊那農業高校(南箕輪村)は6日、JA全農長野が木曽郡木曽町の県中央家畜市場で開いた和牛の競りに、今春同校を卒業した生徒の人工授精で生まれた子牛を出品した。繁殖農家を想定した実習で飼育してき...

荘内日報社

酒田・飛島 修学旅行先として脚光

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、小中学校の修学旅行が実施の有無も含め再検討を余儀なくされる中、行き先として本県唯一の離島・酒田市飛島が脚光を浴び始めている。当初は東京方面に出向く予定だった山...

紀伊民報社

わかやま文化祭盛り上げよう 広報キャラバン出発

 来年10月30日~11月21日、和歌山県内各地で130以上の文化イベントが開かれる「紀の国わかやま文化祭2021」(国民文化祭、全国障害者芸術・文化祭)に向け、機運を盛り上げようと「広報キャラ...

自然の中で政策考案 町長にプレゼン 芽室新採用職員

 今年度採用された町職員の研修が3、4の両日、めむろ新嵐山スカイパークで行われた。職員たちは、虫や鳥の鳴き声が聞こえる自然の中でまちづくり政策を考案。最後は手島旭町長にアイデアをプレゼンテーション...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク