全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

神事のみ静かな豊年祭 川平村が来夏世を祈願

ミシミシャグを厳かに執り行う川平群星御嶽の氏子ら=8日午後、同御嶽

 石垣市の豊年祭シーズンの幕開けとなる川平村の豊年祭が8日、赤イロ目宮鳥御嶽(アーラオン)、山川御嶽(ヤマオン)、群星御嶽(ユブィスオン)であった。ことしは新型コロナウイルス感染拡大防止のため「ビッチュル」や旗頭などの奉納は行わず、神事のみを執り行う静かな祭りとなった。

 午前8時ごろ、川平公民館神事部と神司らが3御嶽を朝参り。午後2時から各御嶽で、それぞれの神司や氏子らが集い、ことしの豊作への感謝、来夏世の村の世果報への祈願をささげた。

 このうち群星御嶽(ユブィスオン)では、氏子を代表する男性2人が「ウーミシャグ」、女性2人が「ミシミシャグ」などを厳かに行った。ことしの米の収穫への感謝、来年の豊作への祈願を朗々と唱えて神酒を注ぎ、神司やカンマンガー(神家元)らが受けた。

 騠嶺守公民館長は異例の豊年祭を終え「静かな豊年祭となったと思う。奉納がないのは寂しいが、祈りはしっかり届いただろう」と語った。

 例年、同村の豊年祭では、俵型の石を肩に担ぎ境内を回る奉納「ビッチュル」や旗頭奉納などを一目見ようと、島内外から多くの見物客が集まる。公民館は観光客や島民へ来場を控えるよう呼び掛け、地域住民も招待しなかった。地域の旗頭持ちの騠嶺善彦さん(44)は「旗頭を掲げたかったが、やれば人が集まる。万が一のことがあってはいけないので、中止は仕方がないこと」と語った。

関連記事

荘内日報社

「いじめのない学校づくり」発信!! 三川・東郷小運営委員会 オリジナル演劇..

 三川町の東郷小学校(海藤陽子校長、児童122人)の児童が、いじめ問題に取り組んでいる。6年生の運営委員が中心となり、オリジナルの「いじめ演劇」を作って全校児童を前に発表。劇を見た感想を求めるなどして...

紀伊民報社

駐日トルコ大使が初来県 就任後初の公式訪問

 トルコのコルクット・ギュンゲン駐日大使(53)が20日、就任後初の公式訪問で来県した。県立博物館(和歌山県和歌山市)で、約130年前に串本町の樫野崎沖で沈没したトルコ軍艦エルトゥールル号によっ...

池田のお店動画 注目道内一 裏メニュー紹介や店内突撃

 池田町商工会(平井昌行会長)が動画共有サイトYouTube(ユーチューブ)https://wwwyoutubecom/channel/UCTcTkRYf6sKkLzeuAqUVcuwの公式チャンネルを活用し、町内事業者を紹介する動画を配信している。...

宇部日報社

大寒に合わせ山陽小野田市の妙徳寺で寒行

 一年で最も寒さが厳しいとされる二十四節気の一つ「大寒」の20日に合わせて、山陽小野田市野中にある妙徳寺(荒川英良住職)で寒行と祈願回りが始まった。29日までの毎晩、檀家(だんか)の人たちが市内...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク