全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

神事のみ静かな豊年祭 川平村が来夏世を祈願

ミシミシャグを厳かに執り行う川平群星御嶽の氏子ら=8日午後、同御嶽

 石垣市の豊年祭シーズンの幕開けとなる川平村の豊年祭が8日、赤イロ目宮鳥御嶽(アーラオン)、山川御嶽(ヤマオン)、群星御嶽(ユブィスオン)であった。ことしは新型コロナウイルス感染拡大防止のため「ビッチュル」や旗頭などの奉納は行わず、神事のみを執り行う静かな祭りとなった。

 午前8時ごろ、川平公民館神事部と神司らが3御嶽を朝参り。午後2時から各御嶽で、それぞれの神司や氏子らが集い、ことしの豊作への感謝、来夏世の村の世果報への祈願をささげた。

 このうち群星御嶽(ユブィスオン)では、氏子を代表する男性2人が「ウーミシャグ」、女性2人が「ミシミシャグ」などを厳かに行った。ことしの米の収穫への感謝、来年の豊作への祈願を朗々と唱えて神酒を注ぎ、神司やカンマンガー(神家元)らが受けた。

 騠嶺守公民館長は異例の豊年祭を終え「静かな豊年祭となったと思う。奉納がないのは寂しいが、祈りはしっかり届いただろう」と語った。

 例年、同村の豊年祭では、俵型の石を肩に担ぎ境内を回る奉納「ビッチュル」や旗頭奉納などを一目見ようと、島内外から多くの見物客が集まる。公民館は観光客や島民へ来場を控えるよう呼び掛け、地域住民も招待しなかった。地域の旗頭持ちの騠嶺善彦さん(44)は「旗頭を掲げたかったが、やれば人が集まる。万が一のことがあってはいけないので、中止は仕方がないこと」と語った。

関連記事

長野日報社

磨いてピカピカ 漆喰で「光る泥だんご」 原村郷土館で教室

原村郷土館は3日、漆喰を使って「光る泥だんご」を作る教室を開いた。原村と諏訪市から夏休み中の小学生ら14人が参加。白い漆喰を塗った泥だんごに色漆喰を塗り、ガラス瓶で表面を磨いて光沢を放つ美しい...

荘内日報社

鶴岡東 初戦 青森山田

 県高校野球大会2020(県高野連主催)は1日、中山町の荘銀・日新スタジアムで決勝が行われ、鶴岡東が優勝した。コロナ禍のため例年とは違う形態の夏の大会だったが、余裕のある試合運びで東海大山形を9―4で下し...

紀伊民報社

チョウトンボ飛び回る

 夏本番を迎え、水生植物で水面が覆われたため池などで、金属色の羽が美しいチョウトンボがひらひらと飛び回っている。  チョウトンボは全長4センチほど。和歌山県田辺市内のため池では、雄が水辺の枝先な...

生きた魚と伝統に感動 児童が追い込み漁体験 大和村今里集落

 鹿児島県奄美大島の大和村立今里小学校(中村利之校長)の全校児童7人は2日、集落の海で追い込み漁を体験した。教職員と保護者のほか、集落の青壮年団員や中高生らも協力し、大小合わせて50匹以上の魚を...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク