全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

コロナ禍 生活困窮の学生を支援 公益大Liga「フードパントリー」初めて実施

 新型コロナウイルスの影響でアルバイト収入が減少し、生活に困窮する学生を支援しようと、東北公益文科大学(神田直弥学長)の学生団体「Liga食品ロス削減チーム」=鈴木梨加代表(20)、12人=は7日、主として賞味期限間近の食品を学生に提供する「フードパントリー」を初めて学内で実施。公益大によると、学生主体でこのような活動を展開するのは県内でも初という。鈴木代表は「これからも人と人、人と公益をつなげていきたい」と話している。

 フードパントリーは一人親世帯や生活困窮者に無償で食品を提供するための場所や活動のこと。同チームは今回、公益大でもアルバイト先の営業自粛などにより収入が減少した学生がいることから、賞味期限間近の食品を企業などから広く募って無償提供することにした。鈴木代表は「食品ロス削減、学生同士で助け合う仕組みづくりを進めたい」と企画意図を話す。

 提供を受けるための市内企業とのマッチングは、市産業振興まちづくりセンター「サンロク」が全面協力。チームメンバーは先月中旬以降、サンロクから紹介を受けた企業などを回り、食品提供を依頼。結果、8事業所・団体、4個人からカップラーメンや米、カレールー、乾麺、缶詰などの寄贈を受けたという。

 この日提供を受けた男子学生(20)=3年、山形市出身=は「飲食店でアルバイトをやっている。来店客が少なく、早めに店を閉めるため収入がなかなか増えない。貯金を切り崩している状況で、このような取り組みはありがたい」と話した。

 鈴木代表によると、今後は一人親世帯へのフードパントリー、飲食店で出された食品の余りを持ち帰る「ドギーバッグ」の提供、農家から仕入れた規格外の野菜をフリーズドライにして販売、その売り上げの還元なども視野に入れているという。次回の学生対象フードパントリーは今年9月ごろの予定。

公益大で行われた食品提供のフードパントリー

関連記事

荘内日報社

酒田・飛島 修学旅行先として脚光

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、小中学校の修学旅行が実施の有無も含め再検討を余儀なくされる中、行き先として本県唯一の離島・酒田市飛島が脚光を浴び始めている。当初は東京方面に出向く予定だった山...

紀伊民報社

わかやま文化祭盛り上げよう 広報キャラバン出発

 来年10月30日~11月21日、和歌山県内各地で130以上の文化イベントが開かれる「紀の国わかやま文化祭2021」(国民文化祭、全国障害者芸術・文化祭)に向け、機運を盛り上げようと「広報キャラ...

自然の中で政策考案 町長にプレゼン 芽室新採用職員

 今年度採用された町職員の研修が3、4の両日、めむろ新嵐山スカイパークで行われた。職員たちは、虫や鳥の鳴き声が聞こえる自然の中でまちづくり政策を考案。最後は手島旭町長にアイデアをプレゼンテーション...

宇部日報社

「オープンストリート宇部」好評

 飲食店が歩道にテラス席を設ける「オープンストリート宇部」が5日、市街地で始まった。市道の平和通り、寿橋通り、小串通りに面する17店舗が参加。初日はさっそく夜風に当たりながら会食を楽しむ人々の姿...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク