全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ポンポコ すくすく おびひろ動物園

すくすくと成長しているエゾタヌキの赤ちゃん(おびひろ動物園提供)

 おびひろ動物園(柚原和敏園長)で、芽室町で保護されたエゾタヌキの赤ちゃん5匹がすくすくと育っている。同園は今夏にもエゾタヌキ舎に移し、一般公開する予定だ。

 タヌキは5月30日に芽室町内の林で保護され、同園が十勝総合振興局に連絡し引き取った。けがを負った雄の親タヌキは死んでしまったが、生後10日ほどとみられる5匹の子タヌキは無事に成長中。

 現在は園内の動物病院で飼育され、展示飼育係や獣医師が1日3回、ミルクや離乳食を与えている。体長は30センチ、体重も1.5キロほどに。エゾタヌキ担当の中山大志さん(28)によると、子タヌキは元気に跳びはねており、体調は良好という。

 同園は雄3匹を「あめ」「りく」「しろ」、雌2匹を「ゆき」「うみ」と名付けた。ブログやツイッターで写真や動画を公開し、関心を集めている。中山さんは「すくすく元気に育っている。夏に公開予定なので、会いに来てくれたら」と話している。

 同園のエゾタヌキは3月に「シロ」(雄)が死に、「あん」(雌、8歳)1匹のみだった。5匹が加わり、にぎやかになりそうだ。

関連記事

西郷に学ぶ島の「宝」 安田荘一郎さんが講演 奄美市生涯学習講座

 奄美で暮らした西郷隆盛の生き方を、経済という側面から捉え直す講演会が25日、鹿児島県奄美市名瀬の市民交流センターであった。講師を務めた「奄美『西郷塾』」の安田荘一郎塾長(69)=同市名瀬=は「...

「蒸し暑い」 熱中症疑われる救急増加 梅雨明け「真夏日」続く

 「蒸し暑い」「例年以上に(暑さを)感じる」-。鹿児島県奄美地方の梅雨明けが発表された22日以降、群島各地で最高気温30度以上の「真夏日」を観測している。これに伴い、熱中症が疑われる救急搬送が増...

奄美9海水浴場「AA」評価 県の水質調査、5段階で最高

 鹿児島県は24日、今年度実施した県内26カ所の海水浴場の水質調査結果を公表した。ほぼすべての海水浴場が最高評価の「AA」だった。奄美市名瀬の大浜海浜公園など、奄美群島内の4海水浴場は12年連続...

長野日報社

南ア登山の安全祈願 北沢峠で3年ぶり長衛祭 長野県伊那市長谷

 南アルプスの開拓者、竹澤長衛(1889~1958年)をしのぶ「第64回長衛祭」(同実行委員会主催)の碑前祭は25日、長野県伊那市長谷と山梨県南アルプス市境の北沢峠(標高2032メートル)で、3年...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク