全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

宇部興産の2クラブに県トップスポーツクラブの指定証交付

ガッツポーズで活躍を誓う関係者(宇部興産で)

 宇部興産のソフトテニス部(為久保総監督、20人)とバドミントン部(米元優樹監督、10人)に7日、県競技力向上対策委員会(委員長・村岡嗣政知事)からトップスポーツクラブの指定証が交付された。新型コロナウイルスの影響で主要大会が相次ぎ中止となっているが、両部ではモチベーションを保って精進することを誓った。    国民体育大会など全国大会で活躍が期待される県内企業・大学・クラブチームをトップスポーツクラブとして強化指定し、活動を支援する事業。今年度は11競技、13チームを指定する。    同社で行われた交付式では、野嶋正彦常務執行役員が「コロナでオリンピックをはじめ世の中すべてが変わったよう。スポーツも休止されていたが、徐々に再開されつつある。会社としても精いっぱい応援したい」とあいさつ。    県体育協会の河村祐一専務理事は、為久総監督と米元監督に指定証と激励品を手渡し「国体の開催が延期され、チームやまぐちとしての活躍は次年度に持ち越しだが、県代表としての自覚と誇りを持ち、強化に励んで」と呼び掛けた。    為久総監督は「選手のモチベーション維持は大変だが、協会や地域、会社に対する感謝の気持ちを忘れず頑張りたい」、米元監督は「皆さんの支援に感謝して飛躍し、来年度以降の活躍を約束する。全国で戦える選手を育成したい」と決意を語った。  

関連記事

長野日報社

人工授精で誕生の子牛「上農和福」競りに出品 上農高生徒

 上伊那農業高校(南箕輪村)は6日、JA全農長野が木曽郡木曽町の県中央家畜市場で開いた和牛の競りに、今春同校を卒業した生徒の人工授精で生まれた子牛を出品した。繁殖農家を想定した実習で飼育してき...

荘内日報社

酒田・飛島 修学旅行先として脚光

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、小中学校の修学旅行が実施の有無も含め再検討を余儀なくされる中、行き先として本県唯一の離島・酒田市飛島が脚光を浴び始めている。当初は東京方面に出向く予定だった山...

紀伊民報社

わかやま文化祭盛り上げよう 広報キャラバン出発

 来年10月30日~11月21日、和歌山県内各地で130以上の文化イベントが開かれる「紀の国わかやま文化祭2021」(国民文化祭、全国障害者芸術・文化祭)に向け、機運を盛り上げようと「広報キャラ...

自然の中で政策考案 町長にプレゼン 芽室新採用職員

 今年度採用された町職員の研修が3、4の両日、めむろ新嵐山スカイパークで行われた。職員たちは、虫や鳥の鳴き声が聞こえる自然の中でまちづくり政策を考案。最後は手島旭町長にアイデアをプレゼンテーション...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク