全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

真龍小が磯採集、エビに歓声【厚岸】

 

網に掛かった魚を取り上げ歓声を上げる児童ら

 厚岸翔洋高校(三田村司校長)は7日、海洋資源科生産コース2年生6人が先生役となり、町立真龍小学校(佐野哲哉校長)3年生52人と真栄2の厚岸湾干潟で、前浜に生息する生物を調査した。

 同高は昨年度から日本財団と東京大学海洋アライアンス海洋教育推進研究センター、笹川平和財団海洋政策研究所による海洋教育パイオニアスクールプログラム校に採択されている。磯採集は地引き網を使った生物調査で、2年生はこれまで5回、実習を重ねてきた。生徒がこれまでの実習成果を児童に伝え、児童の海洋環境への関心を高め、連携や交流を深めたいと昨年に続き行われた。

 児童は高校生が事前に仕掛けた長さ10㍍、幅1・5㍍の網を力を合わせて引き上げた。スケソウダラやカジカの稚魚、ウグイ、クロガレイなどの魚類や漁の最盛期を迎えているホッカイシマエビやモクズガニといった甲殻類など約20種の生物を採取。生徒は「ヌマガレイは表面がざらざらしている」など魚体を掲げながら特徴を解説し、児童は真剣な表情で聞き入っていた。

 真龍小の久野凌輝君(8)は「予想よりたくさん魚がいて驚いた。いろいろな種類がいて面白かった。またやってみたい」と目を輝かせた。同コース2年の茜碧空(りく)さん(16)は「今まで学んできたことを伝えることで、自分たちも勉強になった。小学生が楽しんでいるのを見てうれしかった」と笑顔を見せていた。       

関連記事

長野日報社

磨いてピカピカ 漆喰で「光る泥だんご」 原村郷土館で教室

原村郷土館は3日、漆喰を使って「光る泥だんご」を作る教室を開いた。原村と諏訪市から夏休み中の小学生ら14人が参加。白い漆喰を塗った泥だんごに色漆喰を塗り、ガラス瓶で表面を磨いて光沢を放つ美しい...

荘内日報社

鶴岡東 初戦 青森山田

 県高校野球大会2020(県高野連主催)は1日、中山町の荘銀・日新スタジアムで決勝が行われ、鶴岡東が優勝した。コロナ禍のため例年とは違う形態の夏の大会だったが、余裕のある試合運びで東海大山形を9―4で下し...

紀伊民報社

チョウトンボ飛び回る

 夏本番を迎え、水生植物で水面が覆われたため池などで、金属色の羽が美しいチョウトンボがひらひらと飛び回っている。  チョウトンボは全長4センチほど。和歌山県田辺市内のため池では、雄が水辺の枝先な...

生きた魚と伝統に感動 児童が追い込み漁体験 大和村今里集落

 鹿児島県奄美大島の大和村立今里小学校(中村利之校長)の全校児童7人は2日、集落の海で追い込み漁を体験した。教職員と保護者のほか、集落の青壮年団員や中高生らも協力し、大小合わせて50匹以上の魚を...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク