全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

体操で地域のつながり 朝のごみ出し時に

ごみ出し後に集まり、オリジナルの体操をする住民(印南町印南で)

 和歌山県印南町内で、朝のごみ出しで顔を合わせた住民らが一緒に体操をしている。希薄になっている隣近所のつながりを強め、津波といった災害時の連携に役立てるのが目的。体操はオリジナルで、笑顔を引き出したり災害時の教訓を織り交ぜたりしており、参加者が楽しく交流している。

 住民同士で定期的なコミュニケーションの機会を持ちたいと、町文化協会会長の坂下緋美さんが、どの世帯でも関わるごみ出しに着目して取り組みを始めた。参加人数を問わず、幅広い世代が親しめる体操にしようと、坂下さんが掛け声と動きを考えて体操を作った。
 同町印南、浜地区では昨年8月から、燃えるごみの収集日に合わせて週2回、午前7時半ごろに5人前後が集まっている。新型コロナウイルスの影響で一時中断していたが、5月中旬に再開した。
 体操は数種類。笑顔をテーマとした体操では「怒るな怒るな腹が減る 腹を立てると命が縮む 笑ってあとは考えない」という声を掛けながら体操。災害を啓発する体操では「地震が起きたら 命が大事 波は怖い 急いで逃げよ みんなで逃げよ」と、波や駆け足の動きを織り交ぜている。
 数種類の体操で10分ほど体を動かして、万歳をして締めくくる。体操によってすがすがしく一日を始めることができると好評で、参加している1人暮らしの女性(84)は「近所同士で集まり体操をして、体も温まる」と笑顔を見せた。
 町内各地でもこの体操を広めようと、町文化協会では「笑顔体操広め隊」として、メンバーが体操の普及を呼び掛けている。
 坂下さんは、連携や安否確認に加え、生活の中で笑顔になれる時間にもしたいと語る。「楽しく交流するには、笑いを取り入れながら体を動かすのが一番だと思った。人と顔を合わせてこそ心からの笑顔が生まれる。難しくない誰でも続けやすい取り組みなので、隣人同士の交流に取り入れてもらいたい」と話している。

関連記事

鹿追・然別湖コタン 今年は500円 入場に協賛金

 鹿追町や十勝の風物詩となっている冬のイベント「しかりべつ湖コタン」(実行委、鹿追町主催)が29日午前9時に開幕する。今回からイベント継続を目的に、入場する際の協賛金制度を設けた。  コタンは...

北羽新報社

医療用かつらに使って 能代市の小3男児がヘアドネーション

 病気などで脱毛などに悩む子どもたちの医療用かつらに役立ててもらおうと髪の毛を寄付する「ヘアドネーション」に興味を持ち、2年以上も髪を伸ばしてきた能代市向能代小3年の菅原凜君(8)=同市落合=...

海外の高校生と討論・交流 ディベート世界大会に初出場 大島高校英語部

 鹿児島県奄美市名瀬の県立大島高校英語部(脇本由里香顧問、部員18人)の2年生3人は21~22日、オンラインで開催された「第7回PDA高校生パーラメンタリーディベート世界交流大会」に出場した。1...

長野日報社

「わらいずみ」注文続々 長野県飯島町の南信州米俵保存会に

 大相撲の土俵をはじめわら細工を幅広く手掛ける長野県飯島町の南信州米俵保存会に、ミシュランに掲載される東京のすし店などから特別注文が相次いでいる。特注品は本来炊いた飯を保温するために使うかご「...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク