全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

観光インフォメーションセンター 土産物食品の販売開始

観光インフォメーションセンターの物販コーナーに並ぶ食品累

白老町の駅北観光商業ゾーン(ポロトミンタラ)にある観光インフォメーションセンターが土産物の食品の販売を始めた。物販コーナーにはシイタケ、たらこ、白老牛など地元食材を使用した加工食品や、アイヌ民族の食文化にちなんだ商品が並び、売れ行きを伸ばしている。センターを運営する白老観光協会は、民族共生象徴空間(ウポポイ)の12日開業に向けて商品構成を強化する。

 センターは5月下旬からアイヌ文様デザインの雑貨など物販に乗り出し、今月4日から食品も取り扱い始めた。コーナーには、白老牛ハンバーグや虎杖浜たらこ、乾燥シイタケやキクラゲなど地元食材の商品が並ぶ。地元産シイタケを使用したハヤシライスや白老牛カレーなどレトルト食品も人気。アイヌ民族の食文化にちなみ、白老観光協会が商品開発したシカ肉のソーセージや缶詰もある。  また、アイヌ民族をテーマにした人気漫画「ゴールデンカムイ」のキャラクターを商品ラベルに採用した菓子や、アザラシ肉を使ったカレーの缶詰など珍しい品も扱っている。

 テークアウトできる軽食のコーナーも始動。白老の地域おこし協力隊員が開発し、エゾシカ(アイヌ語でユク)の肉を使用した「ユク饅(まん)」(330円)、白老牛や焼きたらこを具材にしたおにぎり「具にぎり」(2個入り400円)を販売。洋菓子のオムレット(360~390円)、ソフトクリーム(レギュラーサイズ350円)も飛ぶように売れている。地元のパン店が製造する「北海道ミルククリームパン」(230円)、「ビターショコラパン」(同)=木、金、土、日曜の限定販売=も人気。近くホットコーヒーやアイスコーヒーの販売も始める。

 食品を取り扱い始めて以降、苫小牧市や札幌市など町外からの来館者が急増。週末の4日は700人、5日には1100人を数え、商品を買い求める人たちでにぎわった。テーブルやいすを備えたセンターの休憩スペースで、購入したソフトクリームなどを味わう姿も見られた。

 物販を担当する白老観光協会の前田真利事務局次長は「食品販売への大きな手応えを感じている。センターの魅力を高め、来館を促すために商品をより充実させたい」と意気込み、12日のウポポイ開業に向けて300種ほどの食品を取りそろえるという。  観光インフォメーションセンターの営業時間は午前8時から午後6時で、休業は年末年始。

関連記事

荘内日報社

砂浜にマイクロプラスチック その種類の多さに驚き 鶴工高環境化学科 3年生4..

 鶴岡工業高校(平山豊校長)の生徒が、庄内浜でマイクロプラスチックの研究に取り組んでいる。環境化学科3年の生徒4人が湯野浜海岸の砂を調べたところ風呂用品に使われる「ポリプロピレン」など5種類のマイクロ...

紀伊民報社

春の味覚「菜花」 日置川、すさみで収穫

 和歌山県白浜町の日置川地域やすさみ町で、食用菜の花「菜花(なばな)」が収穫されている。やわらかいつぼみや茎、葉を食べる旬の味覚。2月末ごろまで続く。  JA紀南によると、農家15戸が計約2ヘク...

三星 よいとまけに新商品、「りんご味」が登場

苫小牧市糸井のパン菓子製造三星(三浦実社長)は21日、お菓子「よいとまけ りんご」を新発売した。半世紀以上の歴史を誇るハスカップ菓子「よいとまけ」に、約6年半ぶりに新しい味が加わった。同社は「甘味...

排雪 学校敷地を活用 通学路の安全確保へ 帯広市

 帯広市は21日、市内小中学校の周辺路線の除排雪作業について、学校敷地内に排雪し作業を効率化する取り組みを始めた。通学路の安全確保に向けた新たな試みで、今後も各学校の周辺路線へと除雪範囲を広げてい...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク