全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

観光インフォメーションセンター 土産物食品の販売開始

観光インフォメーションセンターの物販コーナーに並ぶ食品累

白老町の駅北観光商業ゾーン(ポロトミンタラ)にある観光インフォメーションセンターが土産物の食品の販売を始めた。物販コーナーにはシイタケ、たらこ、白老牛など地元食材を使用した加工食品や、アイヌ民族の食文化にちなんだ商品が並び、売れ行きを伸ばしている。センターを運営する白老観光協会は、民族共生象徴空間(ウポポイ)の12日開業に向けて商品構成を強化する。

 センターは5月下旬からアイヌ文様デザインの雑貨など物販に乗り出し、今月4日から食品も取り扱い始めた。コーナーには、白老牛ハンバーグや虎杖浜たらこ、乾燥シイタケやキクラゲなど地元食材の商品が並ぶ。地元産シイタケを使用したハヤシライスや白老牛カレーなどレトルト食品も人気。アイヌ民族の食文化にちなみ、白老観光協会が商品開発したシカ肉のソーセージや缶詰もある。  また、アイヌ民族をテーマにした人気漫画「ゴールデンカムイ」のキャラクターを商品ラベルに採用した菓子や、アザラシ肉を使ったカレーの缶詰など珍しい品も扱っている。

 テークアウトできる軽食のコーナーも始動。白老の地域おこし協力隊員が開発し、エゾシカ(アイヌ語でユク)の肉を使用した「ユク饅(まん)」(330円)、白老牛や焼きたらこを具材にしたおにぎり「具にぎり」(2個入り400円)を販売。洋菓子のオムレット(360~390円)、ソフトクリーム(レギュラーサイズ350円)も飛ぶように売れている。地元のパン店が製造する「北海道ミルククリームパン」(230円)、「ビターショコラパン」(同)=木、金、土、日曜の限定販売=も人気。近くホットコーヒーやアイスコーヒーの販売も始める。

 食品を取り扱い始めて以降、苫小牧市や札幌市など町外からの来館者が急増。週末の4日は700人、5日には1100人を数え、商品を買い求める人たちでにぎわった。テーブルやいすを備えたセンターの休憩スペースで、購入したソフトクリームなどを味わう姿も見られた。

 物販を担当する白老観光協会の前田真利事務局次長は「食品販売への大きな手応えを感じている。センターの魅力を高め、来館を促すために商品をより充実させたい」と意気込み、12日のウポポイ開業に向けて300種ほどの食品を取りそろえるという。  観光インフォメーションセンターの営業時間は午前8時から午後6時で、休業は年末年始。

関連記事

荘内日報社

鶴岡東 初戦 青森山田

 県高校野球大会2020(県高野連主催)は1日、中山町の荘銀・日新スタジアムで決勝が行われ、鶴岡東が優勝した。コロナ禍のため例年とは違う形態の夏の大会だったが、余裕のある試合運びで東海大山形を9―4で下し...

紀伊民報社

チョウトンボ飛び回る

 夏本番を迎え、水生植物で水面が覆われたため池などで、金属色の羽が美しいチョウトンボがひらひらと飛び回っている。  チョウトンボは全長4センチほど。和歌山県田辺市内のため池では、雄が水辺の枝先な...

生きた魚と伝統に感動 児童が追い込み漁体験 大和村今里集落

 鹿児島県奄美大島の大和村立今里小学校(中村利之校長)の全校児童7人は2日、集落の海で追い込み漁を体験した。教職員と保護者のほか、集落の青壮年団員や中高生らも協力し、大小合わせて50匹以上の魚を...

食やスポーツ 事業展開 「アスリートファーム」設立 MTB・山本選手

 自転車マウンテンバイクで来夏の東京五輪日本代表が決まっている幕別町出身の山本幸平選手(34)=ドリームシーカーレーシングチーム-国際自然環境アウトドア専門学校、帯農高出=は、自らが個人事業主を務...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク