全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

町立穂別博物館 むかわ竜発掘の全てここに

むかわ竜の発掘調査に使用した道具やパネルなどを展示する発掘展

 むかわ町穂別地区で発見されたハドロサウルス科の恐竜化石「カムイサウルス・ジャポニクス」(通称むかわ竜)の発掘展が町立穂別博物館で開かれている。むかわ竜に関する情報を網羅した特別展になっている。

 むかわ竜を研究する北海道大学総合博物館の小林快次教授の協力を得て、2003年に化石を発見してからその後の発掘調査、昨年新属新種に認定されるまでをまとめたパネルを掲示するほか、13、14年の発掘作業で使用したハンマーや削岩機、発掘に参加したメンバーの名前が入ったヘルメット、化石・岩石を包んだ石こうジャケット、復元骨格(レプリカ)作製時に使用した右大腿(だいたい)骨の型などを展示。むかわ竜の化石と一緒に見つかった同時期のものと思われるアンモナイト、二枚貝の化石、むかわ竜にまつわる出版物も置いた。

 展示されているパネルは、長時間の滞在や混雑を防ぐ観点からインターネット「カムイサウルス発掘展」のページ(http://town.mukawa.lg.jp/4274.htm)でも閲覧できる。同博物館の西村智弘学芸員は「(博物館に)来なくても詳しい内容を知ることができるし、実際に見た人には発掘当時の雰囲気が伝わる内容。カムイサウルスや化石発掘が好きな人が楽しめる展示になっている」と話す。

 発掘展は11月末まで。開館時間は午前9時30分~午後5時(最終入館は午後4時30分)。一般の観覧は大人300円、高校生以下100円、小学生未満無料。

関連記事

荘内日報社

砂浜にマイクロプラスチック その種類の多さに驚き 鶴工高環境化学科 3年生4..

 鶴岡工業高校(平山豊校長)の生徒が、庄内浜でマイクロプラスチックの研究に取り組んでいる。環境化学科3年の生徒4人が湯野浜海岸の砂を調べたところ風呂用品に使われる「ポリプロピレン」など5種類のマイクロ...

紀伊民報社

春の味覚「菜花」 日置川、すさみで収穫

 和歌山県白浜町の日置川地域やすさみ町で、食用菜の花「菜花(なばな)」が収穫されている。やわらかいつぼみや茎、葉を食べる旬の味覚。2月末ごろまで続く。  JA紀南によると、農家15戸が計約2ヘク...

三星 よいとまけに新商品、「りんご味」が登場

苫小牧市糸井のパン菓子製造三星(三浦実社長)は21日、お菓子「よいとまけ りんご」を新発売した。半世紀以上の歴史を誇るハスカップ菓子「よいとまけ」に、約6年半ぶりに新しい味が加わった。同社は「甘味...

排雪 学校敷地を活用 通学路の安全確保へ 帯広市

 帯広市は21日、市内小中学校の周辺路線の除排雪作業について、学校敷地内に排雪し作業を効率化する取り組みを始めた。通学路の安全確保に向けた新たな試みで、今後も各学校の周辺路線へと除雪範囲を広げてい...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク