全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

町立穂別博物館 むかわ竜発掘の全てここに

むかわ竜の発掘調査に使用した道具やパネルなどを展示する発掘展

 むかわ町穂別地区で発見されたハドロサウルス科の恐竜化石「カムイサウルス・ジャポニクス」(通称むかわ竜)の発掘展が町立穂別博物館で開かれている。むかわ竜に関する情報を網羅した特別展になっている。

 むかわ竜を研究する北海道大学総合博物館の小林快次教授の協力を得て、2003年に化石を発見してからその後の発掘調査、昨年新属新種に認定されるまでをまとめたパネルを掲示するほか、13、14年の発掘作業で使用したハンマーや削岩機、発掘に参加したメンバーの名前が入ったヘルメット、化石・岩石を包んだ石こうジャケット、復元骨格(レプリカ)作製時に使用した右大腿(だいたい)骨の型などを展示。むかわ竜の化石と一緒に見つかった同時期のものと思われるアンモナイト、二枚貝の化石、むかわ竜にまつわる出版物も置いた。

 展示されているパネルは、長時間の滞在や混雑を防ぐ観点からインターネット「カムイサウルス発掘展」のページ(http://town.mukawa.lg.jp/4274.htm)でも閲覧できる。同博物館の西村智弘学芸員は「(博物館に)来なくても詳しい内容を知ることができるし、実際に見た人には発掘当時の雰囲気が伝わる内容。カムイサウルスや化石発掘が好きな人が楽しめる展示になっている」と話す。

 発掘展は11月末まで。開館時間は午前9時30分~午後5時(最終入館は午後4時30分)。一般の観覧は大人300円、高校生以下100円、小学生未満無料。

関連記事

荘内日報社

鶴岡東 初戦 青森山田

 県高校野球大会2020(県高野連主催)は1日、中山町の荘銀・日新スタジアムで決勝が行われ、鶴岡東が優勝した。コロナ禍のため例年とは違う形態の夏の大会だったが、余裕のある試合運びで東海大山形を9―4で下し...

紀伊民報社

チョウトンボ飛び回る

 夏本番を迎え、水生植物で水面が覆われたため池などで、金属色の羽が美しいチョウトンボがひらひらと飛び回っている。  チョウトンボは全長4センチほど。和歌山県田辺市内のため池では、雄が水辺の枝先な...

生きた魚と伝統に感動 児童が追い込み漁体験 大和村今里集落

 鹿児島県奄美大島の大和村立今里小学校(中村利之校長)の全校児童7人は2日、集落の海で追い込み漁を体験した。教職員と保護者のほか、集落の青壮年団員や中高生らも協力し、大小合わせて50匹以上の魚を...

食やスポーツ 事業展開 「アスリートファーム」設立 MTB・山本選手

 自転車マウンテンバイクで来夏の東京五輪日本代表が決まっている幕別町出身の山本幸平選手(34)=ドリームシーカーレーシングチーム-国際自然環境アウトドア専門学校、帯農高出=は、自らが個人事業主を務...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク