全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

商店街「そっと」彩る七夕飾り 諏訪市末広

思いを込めて七夕飾りを作る末広連合商業会の関係者ら=6日、諏訪市

長野県諏訪市の末広連合商業会(長谷川佳史会長)は6日、七夕飾りを作り、商店街の街路灯に取り付けた。例年約3000人の人出でにぎわう恒例の七夕祭りは新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止したが、夏の風物詩でもある末広の七夕飾りがないことに寂しさを感じる地域住民の声を受けて飾り付けることにした。例年よりも小さく、決して豪華とはいえないが、思いがこもった七夕飾りが完成し、街をそっと彩っている。

製作する商店主によると、60年以上続くとされる末広の七夕祭りが中止となったのは今回が初めてという。例年だと、長さ約10メートルの竹に長さ2~3メートルのカラフルな吹き流しなどを飾り付けて豪華に仕上げ、7月7日近くの金、土曜に祭りを開き、前後10日間ほど商店街を夏色に染める。祭り当日には多くの親子連れらが集まり、出店前では多くの子どもらが密集する例年の光景を踏まえ、5月上旬に中止を決定した。地域住民からは祭りの中止に理解を示す声が多かったものの「何もないのはやっぱり寂しい」という声もあった。祭りは商業会関係者だけでなく、地域住民も手伝って運営してきた。

「毎年楽しみにしている人たちのためにせめてできる範囲でいいので何かできないか」。そんな地域の声を受け、長谷川会長(49)らが改めて検討し、高さ約1・5メートルの七夕飾りを作った。製作には商店主やその家族ら約20人が集まり「少しでも地域の人に楽しんでもらえれば」と心を込めて作った。

街路灯に取り付けたほか、商店街内の「丸広」前にも七夕飾りを設置した。立ち寄った人に願い事を書いてくくり付けてもらう。10日ほど飾るという。

関連記事

長野日報社

磨いてピカピカ 漆喰で「光る泥だんご」 原村郷土館で教室

原村郷土館は3日、漆喰を使って「光る泥だんご」を作る教室を開いた。原村と諏訪市から夏休み中の小学生ら14人が参加。白い漆喰を塗った泥だんごに色漆喰を塗り、ガラス瓶で表面を磨いて光沢を放つ美しい...

昼間の「おばけ」楽しむ

 こども未来館「ここにこ」(豊橋市松葉町3)で、「ひるまのおばけ広場」が開かれている。親子連れで各回満員となるほどの盛況だ。  2年前から館内の展示室を使って、おばけ屋敷を開いてきたが、新型...

長野日報社

辰野西小考案「真ん・中夫(まん・なかお)」 ゆるキャラGPに挑戦

辰野町辰野西小学校の4年生66人が、オリジナルキャラクター「真ん・中夫(まん・なかお)」を活用して、日本の地理的中心に位置する町の魅力発信プロジェクトに取り組んでいる。2018年度の卒業生が考...

カンムリワシ号を運航 JTAが八重山球児の活躍祈念 県高校野球

 日本トランスオーシャン航空(JTA)は、4日開幕の「2020沖縄県高等学校野球夏季大会」に出場する八重山3高校の球児と監督、保護者らを乗せたチャーター便「カンムリワシ号」を3日午前、運航させ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク