全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

ベテラン棟梁から熟練の手ほどき

 わが国に古くから伝わる建築工法「伝統木構法」を学ぶ「日本の伝統的大工塾」(塾長・川上清太郎田川建設労働組合執行委員長)が5日、鶴岡市で開塾した。庄内地方の大工を中心に建築に関わる18―50歳の男女11人が入塾し、今後3カ年にわたり月2回程度、地元のベテラン棟梁たちから手ほどきを受ける。

 伝統木構法は、ムクの地域産材による柱や梁などの構造材を、金具や接着剤でなく、組み木細工のような「仕口」「継手」などの技術でつなぐ。地震のときは木がこすれ合う摩擦で揺れを吸収する。維持管理しやすく、耐久性にも優れているという。「在来軸組み工法」と混同されがちだが、こちらは西洋建築の技術を応用したもので、コンクリート基礎に構造材を金具で固定し、斜めの筋交いを入れ、家全体をゆがまないよう頑丈にして外力に抵抗する。

 今回の大工塾は、田川地区の大工や左官、板金などなど建築に関わる技術者約1600人が加盟する田川建設労働組合が、国土交通省の担い手育成に関する事業採択を受けて取り組む。年約90万円の助成を、3カ年受ける計画。初級と中・上級に分かれ、初級は厚生労働省ものづくりマイスターの大井正之さん(三川町横山)、中・上級は国の「現代の名工」(卓越技能者)の剱持猛雄さん(鶴岡市東原町)の指導を受ける。

 この日、鶴岡市大塚町の田川建設労働組合で行われた入塾式には、塾生9人が出席。川上塾長はあいさつで「最近は黒船のように『プレカット』が普及し、『墨付け』はほとんど行われなくなった。使う機会が少なくなっても、伝統技術は絶やしてはいけない」と述べた。

 プレカットは、事前に工場の機械で木材を加工し、現場で設計図に従って組み立てる工法。川上塾長によると、最近は墨壺を使って木材に線を引いたり、のみで刻むこともない。そのため、新築はできるが、部分的なリフォームは苦手という大工が増え、業界の大きな課題になっているという。

 家業の大工を継いで6年目という今井康平さん(27)=庄内町清川=は「地元の仕事の大半はプレカットだが、家全体の構造が分かっていないと駄目で、以前から墨付けを学びたいと思っていた。覚えれば、自信を持って仕事ができると思う」と話した。

 川上塾長は「伝統木構法は地元産材を使う。生まれ育ったその土地の木を使うことで、木の香りやぬくもり、質感が良く、落ち着く家になる。技術とともに、そうして建てた家の良さも広めていきたい」と話した。

 今後、墨壺など道具の使い方や刻みの技術をはじめ、実践としてごみ置き場や小屋の建築などに取り組む。

入塾式で川上塾長(左)のあいさつを聞く塾生たち

関連記事

荘内日報社

酒田・飛島 修学旅行先として脚光

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、小中学校の修学旅行が実施の有無も含め再検討を余儀なくされる中、行き先として本県唯一の離島・酒田市飛島が脚光を浴び始めている。当初は東京方面に出向く予定だった山...

紀伊民報社

わかやま文化祭盛り上げよう 広報キャラバン出発

 来年10月30日~11月21日、和歌山県内各地で130以上の文化イベントが開かれる「紀の国わかやま文化祭2021」(国民文化祭、全国障害者芸術・文化祭)に向け、機運を盛り上げようと「広報キャラ...

自然の中で政策考案 町長にプレゼン 芽室新採用職員

 今年度採用された町職員の研修が3、4の両日、めむろ新嵐山スカイパークで行われた。職員たちは、虫や鳥の鳴き声が聞こえる自然の中でまちづくり政策を考案。最後は手島旭町長にアイデアをプレゼンテーション...

宇部日報社

「オープンストリート宇部」好評

 飲食店が歩道にテラス席を設ける「オープンストリート宇部」が5日、市街地で始まった。市道の平和通り、寿橋通り、小串通りに面する17店舗が参加。初日はさっそく夜風に当たりながら会食を楽しむ人々の姿...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク