全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

ジャズ喫茶 幸町に開店【釧路】

 

ジャズサウンドが流れる店内でこだわりのコーヒーをいれる神村さん

 釧路ジャズクラブ代表で今春に釧路市役所を定年退職した神村恭一さん(60)がジャズ喫茶「Cat」を釧路市幸町6の1、幸町ビル2階にオープンした。店内には釧路のジャズ喫茶を代表する存在だった小林東さん(2017年死去)が経営していた「ジス・イズ」で使われていたグランドピアノを設置。多くの仲間たちの応援を受けながら念願の開店にこぎ着けた。

 Catは6月27日にオープン。「ジス・イズ」を継承した店舗で、神村さんのプロデュースによるラストライブが行われたのは2015年7月3日。その記念日までに自分の店を持ちたいという願いをかなえた。

 店名は猫好きな神村さんの思いを込めた。約100平方㍍の店内はライブもできるゆったりスペース。自然素材のぬくもりを感じさせるカウンターの銘木は高校時代からの友人から贈られた。内装も市内の工務店の協力で短期間で仕上がった。レコードとCDは約500枚が並ぶ。

 大きなスピーカーの奥に置かれた存在感のあるグランドピアノは「ジス・イズ」で使われ、山下洋輔さんをはじめ日本を代表する名プレーヤーが鍵盤をたたき、ファンを熱狂させてきた。遺族から「神村さんの店で生かしてほしい」と譲り受けた。  神村さんは「これからここで日本のトッププロのライブを企画していきたい」と語る。5日に開店を祝うライブを予定していたが、コロナ禍でやむなく10月に延期となった。しかし、神村さんがジャズ喫茶をオープンした話題は、友人や仲間たちがインターネット交流サイト(SNS)などを使ってどんどん拡散中。かつての後輩や、往年のジャズファンが次々と訪れている。

 「うちのコーヒーはあっさりとした酸味があって、まろやかな味。コーヒー好きの自分のこだわりがあります。あとは紅茶とバタートーストぐらいしかない。ゆっくりとジャズを楽しんでほしい」とほほ笑む神村さん。ジャズ喫茶「Cat」の物語は今始まったばかりだ。  営業時間は午後1時から同8時まで。日曜・祝日定休。

関連記事

荘内日報社

酒田・飛島 修学旅行先として脚光

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、小中学校の修学旅行が実施の有無も含め再検討を余儀なくされる中、行き先として本県唯一の離島・酒田市飛島が脚光を浴び始めている。当初は東京方面に出向く予定だった山...

紀伊民報社

わかやま文化祭盛り上げよう 広報キャラバン出発

 来年10月30日~11月21日、和歌山県内各地で130以上の文化イベントが開かれる「紀の国わかやま文化祭2021」(国民文化祭、全国障害者芸術・文化祭)に向け、機運を盛り上げようと「広報キャラ...

自然の中で政策考案 町長にプレゼン 芽室新採用職員

 今年度採用された町職員の研修が3、4の両日、めむろ新嵐山スカイパークで行われた。職員たちは、虫や鳥の鳴き声が聞こえる自然の中でまちづくり政策を考案。最後は手島旭町長にアイデアをプレゼンテーション...

宇部日報社

「オープンストリート宇部」好評

 飲食店が歩道にテラス席を設ける「オープンストリート宇部」が5日、市街地で始まった。市道の平和通り、寿橋通り、小串通りに面する17店舗が参加。初日はさっそく夜風に当たりながら会食を楽しむ人々の姿...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク