全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

やまぐち高校生2020メモリアルカップ開幕

男子100㍍でスタートダッシュする選手たち(市陸上競技場で)

 県高校総体の代替大会となる「やまぐち高校生2020メモリアルカップ」は5日、開催が決まっている26競技のトップを切って、陸上競技の宇部支部大会が市陸上競技場で行われた。トラック競技、フィールド競技、跳躍競技の各種目で、選手たちは積み重ねた練習の成果を競い合った。    大会スローガンは「スポーツ愛の自粛なし!仲間と共に今を輝け!」。新型コロナウイルス感染症対策で、消毒の徹底や入場制限、距離を保っての応援などが行われる中、3年生にとっては高校最後となる試合に臨んだ。    小野田からは3年生11人が出場。目標にしていたインターハイは中止になったが、それぞれが今大会で有終の美を飾ろうと努力してきた。部活動の自粛期間中は自宅近くで走りこみ、再開後も自己ベストに向けてトレーニングを重ねた中野陽梨さんは「こうした状況の中で、成果を発揮できる場を設けてくれた先生方や、応援し続けてくれた親に感謝。ベストを尽くし、やり切った」、寺山音葉さんは「目標としていたタイムには届かなかったが、良い仲間たちと3年間過ごし、力を出し切ることができてよかった。今後もこの経験を糧に頑張りたい」と笑顔で話した。    メモリアルカップは11月中旬まで、競技ごとに県内各会場で実施。陸上競技は、25日にも同競技場で行われる。

関連記事

荘内日報社

砂浜にマイクロプラスチック その種類の多さに驚き 鶴工高環境化学科 3年生4..

 鶴岡工業高校(平山豊校長)の生徒が、庄内浜でマイクロプラスチックの研究に取り組んでいる。環境化学科3年の生徒4人が湯野浜海岸の砂を調べたところ風呂用品に使われる「ポリプロピレン」など5種類のマイクロ...

紀伊民報社

春の味覚「菜花」 日置川、すさみで収穫

 和歌山県白浜町の日置川地域やすさみ町で、食用菜の花「菜花(なばな)」が収穫されている。やわらかいつぼみや茎、葉を食べる旬の味覚。2月末ごろまで続く。  JA紀南によると、農家15戸が計約2ヘク...

三星 よいとまけに新商品、「りんご味」が登場

苫小牧市糸井のパン菓子製造三星(三浦実社長)は21日、お菓子「よいとまけ りんご」を新発売した。半世紀以上の歴史を誇るハスカップ菓子「よいとまけ」に、約6年半ぶりに新しい味が加わった。同社は「甘味...

排雪 学校敷地を活用 通学路の安全確保へ 帯広市

 帯広市は21日、市内小中学校の周辺路線の除排雪作業について、学校敷地内に排雪し作業を効率化する取り組みを始めた。通学路の安全確保に向けた新たな試みで、今後も各学校の周辺路線へと除雪範囲を広げてい...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク