全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ヨットの魅力体験 瀬戸内町 小学生対象に教室、レースも 

小型ヨットを操る児童たち=4日、瀬戸内町

 鹿児島県瀬戸内町の小学4~6年生を対象としたヨット教室(同町教育委員会主催)が4日、同町阿鉄湾であった。児童17人が参加。NPO法人セイラビリティ奄美代表の高野洋志さん(70)を講師に、風の力を使って前に進むヨットの魅力を味わった。

 教室は児童たちが船遊びを通して大島海峡の豊かな自然を再確認し、友達と協力し合う心を育てることなどを目的に毎年開催。子どもや障がいのある人も安全に操縦できる「ハンザクラス」と呼ばれる2人乗りの小型ヨット(全長2・3メートル)を使用した。

 午前はヨットの操り方の練習と、海岸の生物観察を行った。午後は児童が2人1組でチームを組み、5艇ずつ2班に分かれてミニレースを開催した。

 コースは片道約50メートルの往復。行きは向かい風でどのチームも苦戦した。児童たちはコースを大きく外れたり、時には逆走したりしながらも協力し合ってゴールを目指した。

 第2班のレースで優勝した児童らは「ロープで船を操るのは指が痛くなって大変だったけど、1着になってうれしい」「初めてヨットに乗った。かじを切ってうまく前に進むと楽しかった」と笑顔を見せた。

関連記事

長野日報社

人工授精で誕生の子牛「上農和福」競りに出品 上農高生徒

 上伊那農業高校(南箕輪村)は6日、JA全農長野が木曽郡木曽町の県中央家畜市場で開いた和牛の競りに、今春同校を卒業した生徒の人工授精で生まれた子牛を出品した。繁殖農家を想定した実習で飼育してき...

荘内日報社

酒田・飛島 修学旅行先として脚光

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、小中学校の修学旅行が実施の有無も含め再検討を余儀なくされる中、行き先として本県唯一の離島・酒田市飛島が脚光を浴び始めている。当初は東京方面に出向く予定だった山...

紀伊民報社

わかやま文化祭盛り上げよう 広報キャラバン出発

 来年10月30日~11月21日、和歌山県内各地で130以上の文化イベントが開かれる「紀の国わかやま文化祭2021」(国民文化祭、全国障害者芸術・文化祭)に向け、機運を盛り上げようと「広報キャラ...

自然の中で政策考案 町長にプレゼン 芽室新採用職員

 今年度採用された町職員の研修が3、4の両日、めむろ新嵐山スカイパークで行われた。職員たちは、虫や鳥の鳴き声が聞こえる自然の中でまちづくり政策を考案。最後は手島旭町長にアイデアをプレゼンテーション...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク