全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北の屋台売上高2%増3.5億円 コロナかわす 帯広

 北の起業広場協同組合(杉山輝子理事長)は、運営する帯広市内中心部の「北の屋台」(20店、現在は第7期)の2019年度運営状況をまとめた。売上高は前年度比2%増の約3億5300万円、来客数は横ばいの約12万人だった。書き入れ時の大型連休の好天や、NHK連続テレビ小説「なつぞら」の放映に伴う観光客の入り込み増が、売り上げにつながったと見ている。

昨年度は後半に新型コロナの影響で失速したが、前年並みの売り上げで推移した北の屋台

 昨年は第6期(2017年4月~20年3月)の最終年。昨年8~10月の売り上げは前年を上回るか同水準で推移した。年明けから新型コロナウイルスの感染拡大に伴う売り上げ減が懸念されたが、店舗の入れ替え時に重なり、3月は約2割減にとどまった。

 同組合は「最終年としては悪くない数字。新型コロナの影響で後半は伸び悩んだが、季節のフェアなどもあり1年を通して安定していた」としている。

 現行の第7期は新規7店を含む20店舗で4月17日に開店したが新型コロナで同25日に臨時休業、5月16日に再開した。現在は店内席を6席までに制限、出入り口にアルコール消毒液を設置して営業を続けている。

 6月8日から午後10時の閉店時間を2時間延長、店外にも1店舗につき1テーブルを設置している。

 同組合は「5月は客数が少ないながらも客単価が3割程伸びている。集客ができない状況だが地道に営業を続けたい」としている。

関連記事

荘内日報社

酒田・飛島 修学旅行先として脚光

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、小中学校の修学旅行が実施の有無も含め再検討を余儀なくされる中、行き先として本県唯一の離島・酒田市飛島が脚光を浴び始めている。当初は東京方面に出向く予定だった山...

紀伊民報社

わかやま文化祭盛り上げよう 広報キャラバン出発

 来年10月30日~11月21日、和歌山県内各地で130以上の文化イベントが開かれる「紀の国わかやま文化祭2021」(国民文化祭、全国障害者芸術・文化祭)に向け、機運を盛り上げようと「広報キャラ...

自然の中で政策考案 町長にプレゼン 芽室新採用職員

 今年度採用された町職員の研修が3、4の両日、めむろ新嵐山スカイパークで行われた。職員たちは、虫や鳥の鳴き声が聞こえる自然の中でまちづくり政策を考案。最後は手島旭町長にアイデアをプレゼンテーション...

宇部日報社

「オープンストリート宇部」好評

 飲食店が歩道にテラス席を設ける「オープンストリート宇部」が5日、市街地で始まった。市道の平和通り、寿橋通り、小串通りに面する17店舗が参加。初日はさっそく夜風に当たりながら会食を楽しむ人々の姿...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク