全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

避難所でもコロナ感染防止策を

6月にあった避難所の開設訓練で、段ボールの仕切りを組み立てる田辺市職員(田辺市中三栖で)

 和歌山県は、災害時の避難所の在り方について、新型コロナウイルス感染症対策を踏まえた対応の流れ「避難所運営チャート」を示した。避難者ごとの間隔を確保したり、感染者が出れば適切に隔離したりする内容で、避難所を運営する市町村に参考にしてもらう。

 運営チャートによると、避難所では、受付で避難者を検温したり体調確認したりし、居場所を決める。その際、避難者1人当たり3平方メートルのスペースを基準とし、世帯間の距離は前後左右に2メートル空けるとともに、飛沫(ひまつ)感染を防ぐため、世帯ごとに座った際に口元より高くまで覆う段ボールなどのパーティション(仕切り)を設置する。その後、看護師や保健師が定期的に巡回し、健康管理をする。
 発熱やせきなどの症状がある場合は、別棟の専用室に隔離し、PCR検査で陽性反応が出れば、病院に搬送する。専用室では換気窓の近くに症状がある人を配置。家族や介助者も同室とするが、1人ずつパーティションで仕切る。通路やトイレも専用とし、食事は部屋の前に配る対応を取る。
 必要な資機材は市町村が国の臨時交付金などを活用して整備することとしているが、段ボールのパーティションは県が1億1200万円で11万人分を購入し、不足している市町村に緊急配備する。早ければ、夏ごろまでに配布を開始したいという。
 仁坂吉伸知事は、新型コロナの防止対策を踏まえた避難所対応について「避難所に人がいっぱいいるから避難をやめとこうと考える方が、絶対に命が危ない。とにかく逃げることが大事。感染のリスクの方が大したことはないが、さらに少なくする方がいいと思い、対応の流れを示した」と話した。

関連記事

鹿追・然別湖コタン 今年は500円 入場に協賛金

 鹿追町や十勝の風物詩となっている冬のイベント「しかりべつ湖コタン」(実行委、鹿追町主催)が29日午前9時に開幕する。今回からイベント継続を目的に、入場する際の協賛金制度を設けた。  コタンは...

北羽新報社

医療用かつらに使って 能代市の小3男児がヘアドネーション

 病気などで脱毛などに悩む子どもたちの医療用かつらに役立ててもらおうと髪の毛を寄付する「ヘアドネーション」に興味を持ち、2年以上も髪を伸ばしてきた能代市向能代小3年の菅原凜君(8)=同市落合=...

海外の高校生と討論・交流 ディベート世界大会に初出場 大島高校英語部

 鹿児島県奄美市名瀬の県立大島高校英語部(脇本由里香顧問、部員18人)の2年生3人は21~22日、オンラインで開催された「第7回PDA高校生パーラメンタリーディベート世界交流大会」に出場した。1...

長野日報社

「わらいずみ」注文続々 長野県飯島町の南信州米俵保存会に

 大相撲の土俵をはじめわら細工を幅広く手掛ける長野県飯島町の南信州米俵保存会に、ミシュランに掲載される東京のすし店などから特別注文が相次いでいる。特注品は本来炊いた飯を保温するために使うかご「...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク