全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

インスタで観光発信

“インスタ映え”を目指して実施された撮影勉強会(提供)

 インターネット上で写真を披露し合うインスタグラムを観光発信に活用しようと、渥美半島の先端、伊良湖地域への誘客に力を入れている「伊良湖岬観光協議会」は、メンバー対象の写真撮影勉強会を地元のシーサイド伊良湖で開催した。  おしゃれで印象的な写真レベルの高さを表現した「インスタ映え」が2017(平成29)年の流行語年間大賞になるほど人気のインスタグラム。協議会は、旅館・宿泊業や飲食店など観光系業者らの団体で、インスタグラムを既に利用していたり、これから本格的に始めようとしたりしているメンバーもいることから、最先端の流行を駆使して、観光アピールの追い風にしていきたい狙い。  講師には、手作りの料理写真を紹介し、雑誌への掲載歴もある30代主婦の“インスタグラマー”、ムギママさん=田原市在住=を迎え、メンバー15人は見た目をおいしく見せる料理写真の撮り方などを学んだ。  ムギママさんは、構図や光の当て方、色映えする小道具を用いるなどのアドバイスに加え、奥行きや立体感、動き、陰影を生かすように撮影するのがポイントと説明。メンバーはこれらを踏まえ、デザートやフルコース料理の撮影を実践した。  協議会の広報担当・渡邉幹和さんは「参加者から『写真の撮り方一つでこんなにも変わるんだ』という反響が大きく、写真に対する意識が変わった」と手応えを話した。

関連記事

長野日報社

諏訪湖祭湖上花火大会 有料桟敷席2カ所を新設へ 長野県

8月15日に開く第76回諏訪湖祭湖上花火大会で、長野県諏訪市の実行委員会は7日、諏訪湖間欠泉センター北側(下諏訪町側)と、諏訪湖イベントひろば(旧東バル跡地)の2カ所に有料桟敷席を新設すると発...

長野日報社

開館30周年のおもしろかっぱ館 歩み振り返る記念誌完成 長野県駒ケ根市

昨年開館30周年を迎えた長野県駒ケ根市下平のおもしろかっぱ館は、30年の歩みを振り返り未来に向けた同館のさまざまな取り組みを紹介する記念誌『おもしろかっぱ館開館30周年』を300部発行した。9...

長野日報社

高嶺ルビー、色づき進む 長野県駒ケ根市や宮田村

 タカノ(長野県宮田村)が駒ケ根市や宮田村で栽培している赤ソバ「高嶺ルビー」の花が、今年も見頃を迎えた。日に日に色づきが進み、ピンク色の花が一面に広がっている。  高嶺ルビーはタカノが信州大...

長野日報社

きょうからフラワーショー 長野県茅野市のバラクライングリッシュガーデン

 蓼科高原バラクライングリッシュガーデン(山田裕人代表)で6日、英国園芸の祭典「第33回バラクラフラワーショー」が開幕する。5日には長野県茅野市北山の同園でセレモニーを開き、関係者など約80人が出...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク