全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

「ゆどのの山塩」と加工品を開発 温泉ぼんぼの源泉製塩

 鶴岡市熊出の「かたくり温泉ぼんぼ」の源泉を使った山塩「ゆどのの山塩」が開発され1日、記者発表された。強塩温泉を水蒸気の熱で間接的に温め、4日がかりで煮詰め塩にするもので、ミネラル分が多く、味はまろやかという。今月28日に地域内の産直施設で、この山塩を使った加工品とともに発表会を開き、販売開始する予定だ。

 同市朝日地域の住民でつくるぼんぼ管理運営組合の渡部嚴理事長(78)が、設備に付いた塩の結晶をなめ、「おいしい。製品にできないか」と考えたのがきっかけ。昨年1月からあさひむら特産品開発協議会の宮崎正会長(70)と検討を本格化。同6月には財務省に製塩事業を届け出、同9月には渡部理事長と宮崎会長の出資で製塩会社「みやま湯殿の山塩」(社長・宮崎会長)を設立した。全国でも数少ない山塩製造の先進地である福島県北塩原村の事業所視察などを経て、同市東岩本地内にコンテナ3棟を改造して製塩所を建て、今年1月から試作を重ねてきた。

 源泉は、旧朝日村がぼんぼのオープン(1993年)に向け92年に掘削した。地下約1300メートルから毎分110リットルが湧出、ぼんぼではそのままかけ流しで使っている。製塩では1回300リットル程度を市から1リットル3円で購入し、製塩所に運ぶ。平釜に入れ、建築廃材によるボイラーで煮詰める。直火でなく、水蒸気で間接的に温める方式のため、焦げ付かず、まろやかな味に仕上がるという。源泉300リットルから約5キロの塩ができる。

 製品としては「食べる温泉」「生まれかわりの塩」の2種(ともに袋詰め、瓶詰めで各50グラム入り)を出す。中味は同じで、前者は同市のイタリア料理店アル・ケッチァーノの奥田政行オーナーシェフの命名、後者は出羽三山の一つで同地域を象徴する「生まれ変わりの山・湯殿山」にちなんだもの。奥田さんからは「野菜やいろんな食材に合い、食材本来のうま味を引き出す塩」との評価をもらったという。

 山塩を使った加工品は産直あさひ・グー(同市下名川、佐藤照子店長)に開発を依頼。これまでのところ、乾燥・粉砕した行者ニンニクや葉ワサビと混ぜたハーブソルト、塩あずき大福、甘辛ラスクが有望という。

 1日にぼんぼで行われた記者発表で、渡部理事長は「さまざまな特産品を開発して温泉の泉質の良さとともにアピールし、地域活性化や住民の健康づくりにつなげたい」、宮崎会長は「市販の塩の多くは海水を使ったもので、山塩は珍しく、マイクロプラスチックなど海洋汚染の心配もない。おいしく、安心安全な塩として自信を持って提供できる」とアピールした。

 山塩の価格は、袋詰めが800円程度、瓶詰めが900―1000円程度(いずれも税別)を予定。28日にはグーで加工品とともに発表会を開き、同所やぼんぼ、月山周辺の観光地などで販売していく。

ぼんぼの源泉から作られた山塩「ゆどのの山塩」

関連記事

荘内日報社

鶴岡東 初戦 青森山田

 県高校野球大会2020(県高野連主催)は1日、中山町の荘銀・日新スタジアムで決勝が行われ、鶴岡東が優勝した。コロナ禍のため例年とは違う形態の夏の大会だったが、余裕のある試合運びで東海大山形を9―4で下し...

紀伊民報社

チョウトンボ飛び回る

 夏本番を迎え、水生植物で水面が覆われたため池などで、金属色の羽が美しいチョウトンボがひらひらと飛び回っている。  チョウトンボは全長4センチほど。和歌山県田辺市内のため池では、雄が水辺の枝先な...

生きた魚と伝統に感動 児童が追い込み漁体験 大和村今里集落

 鹿児島県奄美大島の大和村立今里小学校(中村利之校長)の全校児童7人は2日、集落の海で追い込み漁を体験した。教職員と保護者のほか、集落の青壮年団員や中高生らも協力し、大小合わせて50匹以上の魚を...

食やスポーツ 事業展開 「アスリートファーム」設立 MTB・山本選手

 自転車マウンテンバイクで来夏の東京五輪日本代表が決まっている幕別町出身の山本幸平選手(34)=ドリームシーカーレーシングチーム-国際自然環境アウトドア専門学校、帯農高出=は、自らが個人事業主を務...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク