全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

医療従事者へ応援メッセージ 諏訪市が市医師会へ贈る

保育園児や市民から寄せられた、医療従事者への感謝と応援メッセージに目を通す諏訪市医師会の小松会長(左)

 諏訪市は1日、保育園児や市民ら181人から寄せられた医療従事者への感謝と応援のメッセージを市医師会の小松郁俊会長に届けた。同市湖岸通りの諏訪市医師会館で贈呈式があり、小松会長は「心がこもっているメッセージで本当にうれしい。日夜頑張っている医療従事者の心の支えになる」と感謝。診療所や病院に掲示することを検討するという。

 最前線で新型コロナウイルスと闘う医療従事者を激励しようと、市が5月12~31日に募り、6月8~29日に市役所ロビーに展示していた。市健康推進課の小松誠治課長が医師会館を訪れ、メッセージをつづったアルバムと画像を収録したDVDを医師会の小松会長に手渡した。

 小松会長は、園児や市民が描いたメッセージを1枚ずつ確認し、「かわいいね」「すごいね」と目を細めた。「心のこもった品をありがとうございます。市民に支えられていることがよく分かる。大きな心の支えになると思う」と話していた。

 小松会長によると、市医師会は市内39医療機関の医師101人で構成。新型コロナウイルスへの対応をめぐっては、これまでに会員から感染者、濃厚接触者は出ていない。一方、受診抑制で各施設は平均3割、最大5割の収入減に直面しているという。

 小松会長は「収束が見えず、第2波、第3波がいつ来るかも分からない。気を緩めず感染症対策に取り組んでいる」とし、「コロナを心配して受診する人は多い。かかりつけの医師に相談することが一番大切。受診前に相談し、受診の際はマスクを着用し手洗い、消毒を徹底してほしい」と呼び掛けていた。

関連記事

荘内日報社

日本酒「寒造り」最盛期に入る 庄内の各酒蔵

 庄内の各酒蔵で、日本酒の「寒造り」が最盛期に入った。  寒造り(寒仕込み)は、余計な雑菌の繁殖が抑えられる冬場に行われる。もろみをゆっくり発酵させることで良質な酒に仕上がる。かつて酒は「...

紀伊民報社

イチゴ狩りキャンセル相次ぐ コロナ拡大、体験観光に影響

 新型コロナウイルスの感染拡大が、南部梅林(和歌山県みなべ町)の開園中止など御坊・日高の観光に影響を及ぼしている。観光農園などの体験型観光でもキャンセルが相次ぎ、関係者は落胆の表情を浮かべている...

助け合って生活 豊丘地区の住民生活実態調査結果 高齢化で交通面に不安 旭川大..

旭川大学の学生は24日、厚真町豊丘地区の住民に実施した生活実態調査の報告会をオンラインで行った。保健福祉学部コミュニティ福祉学科の2年生30人が、農地継承や後期高齢者の現状などについて、画面越しに...

先週コロナ急拡大 十勝192人 帯広153人

 道は24日、先週(16~22日)の市町村別新型コロナウイルス感染者数を公表した。十勝管内は192人で、先々週(9~15日)の43人から急拡大。帯広は153人で昨年8月22~28日以来の100人超...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク