全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

夏ホッキ漁始まる 価格例年並み好スタート-苫小牧漁協

ホッキを水揚げする漁業者=1日午前6時半ごろ、苫小牧港・西港漁港区

 水揚げ日本一を誇る苫小牧漁業協同組合(伊藤信孝組合長)のホッキ漁は1日、夏漁が苫小牧沿岸で始まった。初日は18隻が約7トンを水揚げし、1キロ当たり1009~444円で取引。新型コロナウイルス感染拡大により、高級食材が軒並み打撃を受ける中、例年並みの好スタートを切った。

 苫小牧漁協のホッキ漁は徹底した資源管理で、漁獲量は市町村別19年連続日本一を継続している。産卵期の5、6両月を休んだ上、7~11月に夏漁、12~翌4月に冬漁を展開し、殻長9センチ以上の大ぶりな貝のみ漁獲。今季の年間漁獲枠は約750トンで、夏漁は漁船18隻、漁業者44人で操業する。

 この日は漁船18隻が操業し、午前5時半ごろから、苫小牧港・西港漁港区に続々と帰港。漁業者らは黒光りしたホッキがびっしり詰まった籠を、バケツリレーの要領で漁船から岸壁に荷揚げし、小型運搬車ターレで卸売市場内に運んだ。卸値は「大」で1キロ当たり1009~893円。同漁協は「コロナで厳しい状況の中、良い値段が付いた」と強調する。

 ホッキ漁に従事して40年以上という「金龍丸」の船長、杉山金一さん(72)は「しけを心配していたが、漁場はなぎだった」と笑顔。「コロナの影響が値段に響かないか心配。刺し身など使いやすい食材なので、家庭でどんどん食べてくれたら」と話していた。

関連記事

助け合って生活 豊丘地区の住民生活実態調査結果 高齢化で交通面に不安 旭川大..

旭川大学の学生は24日、厚真町豊丘地区の住民に実施した生活実態調査の報告会をオンラインで行った。保健福祉学部コミュニティ福祉学科の2年生30人が、農地継承や後期高齢者の現状などについて、画面越しに...

先週コロナ急拡大 十勝192人 帯広153人

 道は24日、先週(16~22日)の市町村別新型コロナウイルス感染者数を公表した。十勝管内は192人で、先々週(9~15日)の43人から急拡大。帯広は153人で昨年8月22~28日以来の100人超...

宇部日報社

全国学校給食週間、小学校で昭和30年代のメニュー

 宇部市内の全公立小・中学校36校は、食べ物の大切さや、給食が多くの人に支えられていることを考えてもらう機会にしようと、24日から28日までの全国学校給食週間に合わせて特別メニューなどを展開して...

みずみずしい純白の花  珍種シロバナヒカンザクラ咲く 奄美市

 鹿児島県奄美市名瀬大熊の県道81号沿いで珍種のシロバナヒカンザクラが開花し、みずみずしい純白の花が通行人の目を和ませている。  満開を迎えているのは県道沿い3カ所の合計5本。辺りでは濃いピン...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク