全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ハスカップ狩りシーズン本番 今年は小粒-厚真

高丘地区の山城農園では子どもたちもハスカップ狩りに訪れた

 日本一のハスカップ栽培面積を誇る厚真町でハスカップ狩りのシーズン本番を迎え、各農園が続々と開園している。紫色に熟した実を摘み取りながら、旬の味覚を堪能できる。ただ、新型コロナウイルス感染症対策で休園する農園や利用を制限する農園も一部ある。

 町内高丘にある山城ハスカップ農園は24日に開園した。コロナ対策として会場にアルコール消毒液を設置し、27日から観光農園として一般の受け入れをスタートした。同農園の山城正洋さん(75)によると、今季は雨不足もあって「味はおいしいが、小粒で昨年よりは実のなりも少ない。一昨年の胆振東部地震で木自体が傷んでいるのもあるのでは」と話すものの、町外から訪れた人たちのハスカップ狩りを楽しむ姿があちこちで見られた。

 厚真産ハスカップブランド化推進協議会(事務局=町役場産業経済課)や町観光協会によると、今季はコロナの感染対策を踏まえ、集客することで密になる状況を懸念して、町内で行う「厚真産ハスカップフェア」が中止となったほか、2園が一般の受け入れを断念した。さらに雨不足もあって、実のなりが悪かった1園が休園を決めた。

 同町のハスカップ農園に関する情報は、役場やこぶしの湯あつま、ハスカップカフェLabo、まちなか交流館しゃべーる、Aコープ上厚真店に「ハスカップ狩り情報ボード」を掲示するほか、町観光協会のホームページでも紹介している。

 農園ではソーシャルディスタンス(社会的距離)の確保やマスク着用、手指消毒の励行を呼び掛けている。

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク