全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

過去最多2271万人 2017年新千歳空港乗降客

多くの外国人観光客でにぎわう新千歳空港国際線(昨年12月29日)

 2017年の1年間に新千歳空港で乗降した人数は前年より約140万人(6・6%)多い2271万7980人に上り、過去最多を記録した。好調な国際線が約70万人(27・5%)増の328万9734人と初めて300万人の大台に達し、全体をけん引した。年間乗降客数の2000万人超えは15年から3年連続、過去最多更新は14年から4年連続となる。

 国土交通省新千歳空港事務所が21日、17年の航空概況(速報値)として発表した。国内線は3・72%増の1942万8246人。3月のダイヤ改正で1日2便に増えた茨城線は48・7%増の15万8498人だった。

 主な路線別では羽田線が0・9%増の975万5806人のほか、成田線が7・3%増の185万2981人、中部線が4%増の146万7875人、関西線が6・8%増の123万6356人、大阪線が4・6%増の121万5216人と各路線とも伸ばした。

 国際線の主な路線別では韓国線が46・7%増の113万1662人で、初めて100万人を上回った。増加の約3分の2を占めるソウル線のほか、新規就航した大邱線も増加に貢献したとみられる。  中国線は上海吉祥航空の就航で好調な上海線を中心に70・3%増の43万534人、台湾線は5%増の77万4499人、香港線は28・7%増の47万1582人と続いた。アジア圏で高い北海道観光の人気に支えられた形だ。

 貨物取扱量は国内線と国際線で8・03%減の計19万1746トン。国内線が9・86%減の17万8902トン、国際線が28・23%増の1万2843トンだった。

 概況では空港への各アクセスの利用状況も示された。JR新千歳空港駅の乗降者数は5・5%増の1162万1108人、駐車場の利用台数は5・8%減の150万5772台、貸し切りバスは2・6%増の5万3624台、レンタカーは5・1%増の40万2674台。

関連記事

溶けない「マジック・アイス」

 本格的な夏に向け、豊橋市御園町の「パティスリー モリ」がオープン5周年の20日、「マジック・アイス」を新たに発売した。洋菓子では珍しい葛粉を使い、時間が経ってもポタポタと溶けないアイスで、森貴正...

荘内日報社

酒田南高女子生徒が“舞娘修業”に入門

 いずれも酒田市の「舞娘(まいこ)茶屋 相馬樓」(樓主・新田嘉一平田牧場グループ会長)と、酒田南高校(中原浩子校長)が締結した日本舞踊を中心とした伝統文化伝承、起業家精神を持つ人材の育成に関する協...

紀伊民報社

津波碑ウェブ地図に掲載 過去の教訓伝える

 和歌山県田辺市の津波被害を伝える石碑16基が19日、国土地理院のウェブ地図に掲載された。過去の被災場所を知らせ、教訓を周知する。全国48市区町村の碑が掲載されたが、県内は田辺市のみ。  国土地...

宇部日報社

トラフグの稚魚4万匹放流

 県水産研究センター内海研究部と県栽培漁業公社は19日、山口市の秋穂湾にトラフグの稚魚4万匹を放流した。    放流したフグは体長7㌢ほど。秋穂東の内海栽培漁業センターで採卵・ふ化させ、秋穂西の...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク