全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

過去最多2271万人 2017年新千歳空港乗降客

多くの外国人観光客でにぎわう新千歳空港国際線(昨年12月29日)

 2017年の1年間に新千歳空港で乗降した人数は前年より約140万人(6・6%)多い2271万7980人に上り、過去最多を記録した。好調な国際線が約70万人(27・5%)増の328万9734人と初めて300万人の大台に達し、全体をけん引した。年間乗降客数の2000万人超えは15年から3年連続、過去最多更新は14年から4年連続となる。

 国土交通省新千歳空港事務所が21日、17年の航空概況(速報値)として発表した。国内線は3・72%増の1942万8246人。3月のダイヤ改正で1日2便に増えた茨城線は48・7%増の15万8498人だった。

 主な路線別では羽田線が0・9%増の975万5806人のほか、成田線が7・3%増の185万2981人、中部線が4%増の146万7875人、関西線が6・8%増の123万6356人、大阪線が4・6%増の121万5216人と各路線とも伸ばした。

 国際線の主な路線別では韓国線が46・7%増の113万1662人で、初めて100万人を上回った。増加の約3分の2を占めるソウル線のほか、新規就航した大邱線も増加に貢献したとみられる。  中国線は上海吉祥航空の就航で好調な上海線を中心に70・3%増の43万534人、台湾線は5%増の77万4499人、香港線は28・7%増の47万1582人と続いた。アジア圏で高い北海道観光の人気に支えられた形だ。

 貨物取扱量は国内線と国際線で8・03%減の計19万1746トン。国内線が9・86%減の17万8902トン、国際線が28・23%増の1万2843トンだった。

 概況では空港への各アクセスの利用状況も示された。JR新千歳空港駅の乗降者数は5・5%増の1162万1108人、駐車場の利用台数は5・8%減の150万5772台、貸し切りバスは2・6%増の5万3624台、レンタカーは5・1%増の40万2674台。

関連記事

紀伊民報社

地蔵の顔欠け「かわいそう」 「百間ぐら」で風化か

 世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」に登録されている熊野古道「小雲取越」の途中にある和歌山県田辺市本宮町の名所「百間ぐら」で、道沿いにある地蔵の顔が欠けた状態になっている。風化によるとみられるが...

小中学校 「ふっこう応援給食の日」 能登牛カレーに舌鼓  白老

白老町の小中学校で11日、石川県のブランド牛「能登牛」を使ったビーフカレーが給食に提供された。白老牛銘柄推進協議会(岩崎考真会長)が能登半島地震の被災地支援のため購入した牛肉。町教育委員会(しらお...

忠類から詐欺撲滅! ボランティア団体「どんとこいの会」結成

 幕別町忠類で、地元建設会社とシニアクラブが詐欺撲滅を目指すボランティア団体「詐欺撲滅団 忠類どんとこいの会」を結成した。帯広署管内でSNS詐欺防止のボランティア団体がつくられるのは初めて。同署忠...

荘内日報社

“郵便のお仕事”興味津々 松原保育園児が鶴岡郵便局訪問

 鶴岡市宝町の市立松原保育園(齋藤功園長、園児115人)の園児たちが11日、同市山王町の鶴岡郵便局(藤井泰局長)を訪問し、仕分けや押印など郵便業務を見学した。  園児たちが大好きな郵便配達をテーマにし...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク