全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

山口東京理科大がオリジナルクッキー

初オリジナル商品となるクッキー

 大学発のオリジナルクッキーはいかが!-山陽小野田市の山口東京理科大は、同大初めてのオリジナルグッズとなるクッキーを開発した。地元特産の寝太郎かぼちゃを生地に練り込んだ逸品で、入学式、卒業式などで記念ギフトとして使ったり、一般の人も同大で買い求めたりすることができる。    大学のPRを目的にオリジナルグッズの開発に取り組んでおり今回、その第1弾として商品化した。昨秋、学生を対象としたオリジナル和菓子・洋菓子アイデアコンテストでの最優秀作品を参考に、市内郡にある洋菓子店「トロアメゾン」(水上隆男社長)がクッキーに仕立てた。    地元にこだわり、材料の一つに寝太郎かぼちゃを採用。成形しやすく香りや味が引き立つように、小麦粉との配合バランスを考えながら開発。カボチャの濃縮したペーストを練り込むことにより市のシンボルカラーで、大学のスクールカラーでもあるオレンジ色のクッキーにした。    菓子箱や個包装のパッケージにもオレンジ色をふんだんに使い、大学のロゴマークもあしらった。箱に描かれた「SS」の文字は、山陽小野田とサイエンスの頭文字から取っている。    29日に市役所で完成報告会があり、池北雅彦山口東京理科大理事長立ち会いの下、水上社長が藤田剛二市長に「甘い寝太郎かぼちゃの味、香り、存在感を出すのに苦労したが、おいしく仕上がった。室温で2カ月は日持ちする」など開発の経緯やセールスポイントを話した。    藤田市長は「味も口触りも最高。地元のPRに大いに使っていきたい」と商品化を感謝した。    クッキーは1箱(10個入り)税別1000円で受注販売。大学の売店でも買い求めることができる

関連記事

アコウの実、鈴なり 淡い紅色も愛らしく、人々癒やす  奄美市名瀬朝戸

 鹿児島県奄美市名瀬朝戸の大川沿いで、アコウの実が鈴なりになっている。落葉した枝や幹に、淡い紅色の愛らしい実がたくさん付き、通る人の目を楽しませている。  アコウはクワ科の常緑高木。幹から気根...

長野日報社

オオムラサキ羽ばたく 茅野市の小泉山で20匹放蝶

 茅野市の小泉山体験の森創造委員会(柳沢孝夫委員長)は11日、同会で飼育・保護活動に取り組む国蝶「オオムラサキ」の放蝶会を同市上古田にある保護施設で行った。会員約20人が参加。同施設で大切に育て...

「夏の味覚お届けします」 マンゴー収穫がピーク

 夏の味覚八重山産マンゴーの収穫がピークを迎えている。ことしは例年に比べて豊作の傾向。生産農家は旬の味を消費者に届けようと収穫・出荷作業に汗を流している。  このうち、かわみつ農園(川満哲生...

38年間の植物研究

瀧崎さんが「~東三河~野の花たちの歳時記」出版  豊橋市立東部中学校教諭、瀧崎吉伸さん(61)が、38年余にわたる植物研究の成果を分かりやすくまとめた「~東三河~野の花たちの歳時記(ダイアリー...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク