全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

山口東京理科大がオリジナルクッキー

初オリジナル商品となるクッキー

 大学発のオリジナルクッキーはいかが!-山陽小野田市の山口東京理科大は、同大初めてのオリジナルグッズとなるクッキーを開発した。地元特産の寝太郎かぼちゃを生地に練り込んだ逸品で、入学式、卒業式などで記念ギフトとして使ったり、一般の人も同大で買い求めたりすることができる。    大学のPRを目的にオリジナルグッズの開発に取り組んでおり今回、その第1弾として商品化した。昨秋、学生を対象としたオリジナル和菓子・洋菓子アイデアコンテストでの最優秀作品を参考に、市内郡にある洋菓子店「トロアメゾン」(水上隆男社長)がクッキーに仕立てた。    地元にこだわり、材料の一つに寝太郎かぼちゃを採用。成形しやすく香りや味が引き立つように、小麦粉との配合バランスを考えながら開発。カボチャの濃縮したペーストを練り込むことにより市のシンボルカラーで、大学のスクールカラーでもあるオレンジ色のクッキーにした。    菓子箱や個包装のパッケージにもオレンジ色をふんだんに使い、大学のロゴマークもあしらった。箱に描かれた「SS」の文字は、山陽小野田とサイエンスの頭文字から取っている。    29日に市役所で完成報告会があり、池北雅彦山口東京理科大理事長立ち会いの下、水上社長が藤田剛二市長に「甘い寝太郎かぼちゃの味、香り、存在感を出すのに苦労したが、おいしく仕上がった。室温で2カ月は日持ちする」など開発の経緯やセールスポイントを話した。    藤田市長は「味も口触りも最高。地元のPRに大いに使っていきたい」と商品化を感謝した。    クッキーは1箱(10個入り)税別1000円で受注販売。大学の売店でも買い求めることができる

関連記事

荘内日報社

200人力合わせ飛島をきれいに

 本県唯一の離島・飛島の自然豊かな環境を守ることを目的とした清掃活動「飛島クリーンアップ作戦」が25日、島内の荒崎海岸一帯で行われ、酒田市内外から参加したボランティア有志や島民計約200人が散乱した漂着...

クマ用スプレー貸し出します 高額、飛行機持ち込み不可…不便多く 帯広

 大雪山系の豊かな自然と十勝に魅せられた東京都の会社員白岩慎隆(のりたか)さん(51)が、登山者向けにクマ撃退スプレーのレンタル事業を始める。スプレーの飛行機持ち込みに制限があることなど自身の感じ...

宇部日報社

住吉まつりに3万人 47団体が踊りや太鼓で盛り上げ【山陽小野田】

 第13回「復活!住吉まつり」は26日、山陽小野田市東住吉町の住吉神社をメイン会場に開かれた。青天の下、恒例のパレードやステージイベントに加えて周辺施設でも多彩なイベントが行われ、約3万人(...

長野日報社

危機感募る観光地 サル出没相次ぐ光前寺周辺 長野県駒ケ根市

 長野県駒ケ根市駒ケ根高原の光前寺周辺で、野生のニホンザルの出没が相次いでいる。10年ほど前から頻繁に現れるようになったが、「今年は特にひどい」(地元関係者)。人的被害こそ確認されていないものの...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク