全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

遊覧船乗船やタイマツ行進 新事業準備【阿寒湖温泉】

 

新事業「カムイへの祈り」のイメージ(NPO法人阿寒観光協会まちづくり推進機構提供)

NPO法人阿寒観光協会まちづくり推進機構(大西雅之理事長)は28日、2020年度通常総会を阿寒湖まりむ館で開き、新事業「『カムイへの祈り』~カムイオリパク」を準備していることを明らかにした。環境省と釧路市の補助金が決まり次第開催する方向で最終調整中。アイヌ民族のカムイ(神)への祈りにより、新型コロナウイルスの早期終息と参加者の健康を願い、観光業の巻き返しも期す。 

 阿寒湖温泉では、6月から阿寒湖アイヌシアターイコロが再開し、7月からは阿寒観光汽船の遊覧船が運航を再び始める予定。宿泊施設にもさらなる営業再開の動きが出ているが、昨年度3万4160人を動員したカムイルミナが今年度いっぱい中止となるなど、依然として苦しい状況が続いている。

 調整中の新事業は8月1日から11月8日までの100日間を予定。「神への謙虚さ」を意味するアイヌ語の「カムイオリパク」を事業名につけ、畏敬と感謝を念頭に自然と共生しようというアイヌ民族の考え方を根底に取り入れた。

 内容は、これまで行われきた「まりも夏(なつ)希(き)灯(とう)」と「千本タイマツ」を組み合わせたもの。午後8時に開始し、遊覧船に乗ってメッセージ入りの光る球体を「カムイへの祈り」として湖に浮かべる。マリモを模した球体はこれまで緑色だったが、今回は医療従事者への感謝を込めて青色に変更する。

 下船後は、儀式で火がともされた厄よけのタイマツを一人ひとり掲げ、アイヌコタンまでの約800㍍を行進。到着後はアイヌ民族の神事「カムイノミ」を行い、参加者全員でコロナの収束や社会の安寧、周りの人たちの健康、安全を祈る。

 コロナ対策として「3密」を避けるよう、遊覧船の乗員数は定員350人のところ100人に限定。参加者にはマスクの着用を求め、行進時にも距離を空けてもらい、タイマツなどの消毒も徹底する。時間は約1時間20分で料金は一般2000円、小学生1000円を想定。アイヌ紋様入りマスクなどの特典があり、収益の一部は医療機関へ寄付する。

 総会には蝦名大也釧路市長ら来賓も合わせ約60人が出席。大西理事長はあいさつでイコロの演目「ロストカムイ」などほかの実施可能な事業の成功も目指し、「アフターコロナの観光は自然の多い阿寒に追い風になる。コロナ禍を新しい阿寒観光の幕開けにつなげていかなければならない。最大限の努力をしていく」と決意を述べた。

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク