全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

地元の花でおもてなし

玄関に飾られた紅白のサザンカやロウバイなどと生け花を担当している小阪きさ子さん(田辺市龍神村龍神で)

 和歌山県田辺市龍神村龍神の宿泊施設「季楽里龍神」では、正面玄関に大人の背丈ほどある地元の草木を週替わりで生けたり、各部屋に飾っている一輪挿しを隔日で新しくしたりして宿泊客を迎えている。近く梅の木を生けて春を感じてもらうという。  生け花を担当しているのは同施設の従業員、小阪きさ子さん(69)。勤めて30年以上になる。若い頃に生け花を習ったことがあり、率先して花を飾ってきた。  雑誌などを参考にしながらイメージを膨らませるという。購入するのではなく地元の花や草木にこだわって、自分で集めている。  自宅でも花を育てているが、自宅以外で採集する場合は土地や山の持ち主に許可を得ており、今では「こんな花が咲いているがどうか」と連絡をくれるという。  現在、正面玄関には高さ2メートル近くあるサザンカとロウバイの枝が生けられている。温かいボイラー室に置いていた梅の木がつぼみをつけており、近く生ける。その次はサクラを考えており、常に季節を先取りしている。  部屋(41室)には、花や葉を一輪挿しの花瓶に生ける。花の少ない時季は購入する時もあるが、できるだけ地元にある花を用意する。宿泊客のアンケートでは玄関と部屋の生け花が好評。帰りに写真を撮ったり常連のお客さんが苗を贈ってくれたりして交流もあるという。  小阪さんは「皆さんの協力で花を集めることができる。わざわざ採ってくれる人もいて大変ありがたいし、励みになる。山道を運転して疲れて来られたお客さんに、花を見てほっとして喜んでもらえればうれしい」と話している。

関連記事

紀伊民報社

大たいまつ製作進む 那智大社で例大祭

 那智勝浦町那智山の世界遺産・熊野那智大社(男成洋三宮司)で、国の重要無形民俗文化財に指定されている例大祭「那智の扇祭り」(7月14日)で使われる大たいまつの製作が進んでいる。  熊野那智大社に...

新鮮野菜求め列 帯広市内サラダ館で「おはよう朝市」

 地元農家が手頃な価格で野菜を販売する「おはよう朝市」が16日午前7時から、帯広市都市農村交流センター「サラダ館」で開かれた。悪天候ながらも多くの来場があり、新鮮野菜を買い求めた。  6月中...

長野日報社

すわっこランド400万人 開館15年目

 諏訪市豊田の温泉・温水利用型健康運動施設「すわっこランド」で15日、オープン以来の入館者数が累計400万人を達成した。幸運な入館者は松本市の女性。金子ゆかり諏訪市長から達成証明証と同施設利用...

竹島水族館で「わたし一肌脱ぎます」展

 脱皮をしたり、他の生物のために懸命になる水生生物をを紹介する企画展「わたし一肌脱ぎます」展が、蒲郡市竹島水族館で開かれている。魚やエビなど9種類を展示している。7月8日まで。  脱皮する生物で...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク