全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

地元の花でおもてなし

玄関に飾られた紅白のサザンカやロウバイなどと生け花を担当している小阪きさ子さん(田辺市龍神村龍神で)

 和歌山県田辺市龍神村龍神の宿泊施設「季楽里龍神」では、正面玄関に大人の背丈ほどある地元の草木を週替わりで生けたり、各部屋に飾っている一輪挿しを隔日で新しくしたりして宿泊客を迎えている。近く梅の木を生けて春を感じてもらうという。  生け花を担当しているのは同施設の従業員、小阪きさ子さん(69)。勤めて30年以上になる。若い頃に生け花を習ったことがあり、率先して花を飾ってきた。  雑誌などを参考にしながらイメージを膨らませるという。購入するのではなく地元の花や草木にこだわって、自分で集めている。  自宅でも花を育てているが、自宅以外で採集する場合は土地や山の持ち主に許可を得ており、今では「こんな花が咲いているがどうか」と連絡をくれるという。  現在、正面玄関には高さ2メートル近くあるサザンカとロウバイの枝が生けられている。温かいボイラー室に置いていた梅の木がつぼみをつけており、近く生ける。その次はサクラを考えており、常に季節を先取りしている。  部屋(41室)には、花や葉を一輪挿しの花瓶に生ける。花の少ない時季は購入する時もあるが、できるだけ地元にある花を用意する。宿泊客のアンケートでは玄関と部屋の生け花が好評。帰りに写真を撮ったり常連のお客さんが苗を贈ってくれたりして交流もあるという。  小阪さんは「皆さんの協力で花を集めることができる。わざわざ採ってくれる人もいて大変ありがたいし、励みになる。山道を運転して疲れて来られたお客さんに、花を見てほっとして喜んでもらえればうれしい」と話している。

関連記事

紀伊民報社

地蔵の顔欠け「かわいそう」 「百間ぐら」で風化か

 世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」に登録されている熊野古道「小雲取越」の途中にある和歌山県田辺市本宮町の名所「百間ぐら」で、道沿いにある地蔵の顔が欠けた状態になっている。風化によるとみられるが...

小中学校 「ふっこう応援給食の日」 能登牛カレーに舌鼓  白老

白老町の小中学校で11日、石川県のブランド牛「能登牛」を使ったビーフカレーが給食に提供された。白老牛銘柄推進協議会(岩崎考真会長)が能登半島地震の被災地支援のため購入した牛肉。町教育委員会(しらお...

忠類から詐欺撲滅! ボランティア団体「どんとこいの会」結成

 幕別町忠類で、地元建設会社とシニアクラブが詐欺撲滅を目指すボランティア団体「詐欺撲滅団 忠類どんとこいの会」を結成した。帯広署管内でSNS詐欺防止のボランティア団体がつくられるのは初めて。同署忠...

荘内日報社

“郵便のお仕事”興味津々 松原保育園児が鶴岡郵便局訪問

 鶴岡市宝町の市立松原保育園(齋藤功園長、園児115人)の園児たちが11日、同市山王町の鶴岡郵便局(藤井泰局長)を訪問し、仕分けや押印など郵便業務を見学した。  園児たちが大好きな郵便配達をテーマにし...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク