全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

医療従事者へ応援動画 大島高校の生徒ら 校舎でパフォーマンス

撮影のワンシーン。気持ちを込めてダンスを披露する生徒たち=13日、奄美市名瀬

 新型コロナウイルスの治療に取り組む医療従事者や患者、その家族らへ応援メッセージを発信しようと、鹿児島県奄美市名瀬の県立大島高校生徒有志は25日、動画投稿サイト「YouTube(ユーチューブ)」でオリジナル動画を公開した。校舎の吹き抜け廊下や理科棟屋上を使い、約120人がはつらつとしたパフォーマンスでエールを送っている。3週間の限定公開。

 動画は約8分40秒。撮影は13日に行われ、同市名瀬の映像クリエーター、田中良洋さん(34)がドローン(小型無人機)で協力した。

 吹奏楽部の演奏に乗せてダンス部と新体操部がダンス、書道部は書道パフォーマンス、美術部は作品を披露。英語部は冒頭ナレーションを担当した。爽やかな青空の下、それぞれの特技を生かしたパフォーマンスやメッセージボードで「どんなときも手を取り合って」などと呼び掛けた。

 書道部は「まだやれるその先の夢! 可能性は無限大 前進」としたためた。3年生の部員は「新型コロナで困っている人も多い中、みんなが元気になれるようにと思いを込めた。文化祭もなくなったのでいい思い出になった」と笑顔で語った。

 新型コロナによる大会中止で引退が早まり、この日が最後の活動になった3年生も少なくない。吉原宇勇教諭は「生徒がいろいろなアイデアを出し、試行錯誤しながらつくり上げた。準備段階から楽しそうな様子で良かった」とねぎらった。

関連記事

長野日報社

学習就労支援を開始 駒ケ根市がIBMのプログラム活用

 駒ケ根市は7日、日本アイ・ビー・エム(IBM)が提供する社会貢献プログラム「SkillsBuild(スキルズビルド)」を活用した学習就労支援を始めた。市内に開設している駒ケ根テレワークオフィ...

荘内日報社

来年2月1-2日「王祇祭」史上初の中止

 鶴岡市黒川地区に長く伝わる黒川能(国指定重要無形民俗文化財)の「王祇祭」が来年中止されることが明らかになった。6日、春日神社の難波玉記宮司(77)から能役者をはじめ関係各所に通知された。毎年2月1~2...

群島在住者は観覧料100円 奄美パーク、島々の自然文化知る機会に 奄美市..

 鹿児島県奄美市笠利町の県奄美パークは4日、奄美群島在住者限定で観覧料の減額を始めた。地元住民に改めて奄美の自然や民俗、芸術などの魅力に触れる機会を提供する。8月31日まで。  同施設は来年で...

紀伊民報社

体操で地域のつながり 朝のごみ出し時に

 和歌山県印南町内で、朝のごみ出しで顔を合わせた住民らが一緒に体操をしている。希薄になっている隣近所のつながりを強め、津波といった災害時の連携に役立てるのが目的。体操はオリジナルで、笑顔を引き出...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク