全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

霧ケ峰のニッコウキスゲ保護再生 植栽に中学生も参加

ニッコウキスゲの苗を植える中学生たち

 諏訪市の小和田牧野農業協同組合(宮坂忠彦組合長)は27日、同市郊外の霧ケ峰高原でニッコウキスゲの植栽作業を行った。組合所有の蛙原にある「花畑」で進めるニッコウキスゲ再生事業で、組合員と上諏訪中学校の生徒有志3人、高島小学校の教職員ら約20人が参加。「きれいな花を咲かせて」と願いながら、約300株を植え付けた。

 同事業は14年目。グライダー滑走路近くの2カ所に花畑(計約1.7ヘクタール)を設け、ニッコウキスゲの保護と再生に取り組んでいる。植栽方法については試行錯誤を重ね、種から苗を育てて 栽培用のポットに移した後、同市清水の組合事務所や市内の学校で栽培した「2~3年もの」を植えることにしている。

 参加者はこの日、組合員からニッコウキスゲの特徴について説明を受けた後、20~30センチに成長した苗をポットから取り出し、根が活着するように穴の中にしっかり植え付け、土をかけて水をかけた。上諏訪中3年の湯田坂瑠星さん(14)=同市湖岸通り=は「きれいに咲いていろんな人が見に来てくれるようになれば。自分の植えた花で地域が盛り上がってほしい」と期待。宮坂組合長(67)=同市清水=は「子どもたちには諏訪や霧ケ峰の歴史を知ってほしい。こうした活動が霧ケ峰の美化につながれば」と願っていた。

 植栽作業は7月4日に城南小学校と諏訪中学校、同5日に静岡大学と諏訪地区ボーイスカウトが行い、今年度は計1500株を植える。6月27日の花畑では100株ほどが黄色い花を咲かせていて、活動の成果は着実に表れてきているという。

関連記事

チャレンジショップ改装 コンサドーレ札幌所属・中村選手 展示スペース増やす..

むかわ町観光協会は、町松風のチャレンジショップを改装した。サッカーJリーグ1部(J1)、北海道コンサドーレ札幌に所属する同町出身のDF中村桐耶選手(23)の展示コーナーのスペースを増やし、ファンが...

荘内日報社

渚の交番 カモンマーレ10万人 鶴岡 1周年に達成 記念イベント 魚つかみ取り マ..

 鶴岡市加茂で昨年6月にオープンした「渚の交番カモンマーレ」の来館者が22日、10万人に達し、記念のセレモニーが行われた。同日はオープン1周年の記念イベントも開かれ、夏空が広がり目の前の海が青さを増す中...

子どもの夜間・休日診療オンラインで 7月に管内初導入 上士幌

 上士幌町は7月1日、実証実験として、東京の民間医療サービス会社と連携し、小児科の夜間・休日オンライン診療を始める。町によると、管内では初の取り組みで、「子どもを連れて移動する必要がないので、通院...

宇部日報社

コミュニティ・ミートアップ 〝Aスクエアを面白く〟3分野の実現へ【山陽小野..

 「さんようおのだコミュニティ・ミートアップ」が21日、中央2丁目の複合施設「Aスクエア」で開かれた。34人が参加して同施設を盛り上げ、魅力ある場所にする取り組みについて考え、「サッカーJ2レ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク