全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

霧ケ峰のニッコウキスゲ保護再生 植栽に中学生も参加

ニッコウキスゲの苗を植える中学生たち

 諏訪市の小和田牧野農業協同組合(宮坂忠彦組合長)は27日、同市郊外の霧ケ峰高原でニッコウキスゲの植栽作業を行った。組合所有の蛙原にある「花畑」で進めるニッコウキスゲ再生事業で、組合員と上諏訪中学校の生徒有志3人、高島小学校の教職員ら約20人が参加。「きれいな花を咲かせて」と願いながら、約300株を植え付けた。

 同事業は14年目。グライダー滑走路近くの2カ所に花畑(計約1.7ヘクタール)を設け、ニッコウキスゲの保護と再生に取り組んでいる。植栽方法については試行錯誤を重ね、種から苗を育てて 栽培用のポットに移した後、同市清水の組合事務所や市内の学校で栽培した「2~3年もの」を植えることにしている。

 参加者はこの日、組合員からニッコウキスゲの特徴について説明を受けた後、20~30センチに成長した苗をポットから取り出し、根が活着するように穴の中にしっかり植え付け、土をかけて水をかけた。上諏訪中3年の湯田坂瑠星さん(14)=同市湖岸通り=は「きれいに咲いていろんな人が見に来てくれるようになれば。自分の植えた花で地域が盛り上がってほしい」と期待。宮坂組合長(67)=同市清水=は「子どもたちには諏訪や霧ケ峰の歴史を知ってほしい。こうした活動が霧ケ峰の美化につながれば」と願っていた。

 植栽作業は7月4日に城南小学校と諏訪中学校、同5日に静岡大学と諏訪地区ボーイスカウトが行い、今年度は計1500株を植える。6月27日の花畑では100株ほどが黄色い花を咲かせていて、活動の成果は着実に表れてきているという。

関連記事

アコウの実、鈴なり 淡い紅色も愛らしく、人々癒やす  奄美市名瀬朝戸

 鹿児島県奄美市名瀬朝戸の大川沿いで、アコウの実が鈴なりになっている。落葉した枝や幹に、淡い紅色の愛らしい実がたくさん付き、通る人の目を楽しませている。  アコウはクワ科の常緑高木。幹から気根...

長野日報社

オオムラサキ羽ばたく 茅野市の小泉山で20匹放蝶

 茅野市の小泉山体験の森創造委員会(柳沢孝夫委員長)は11日、同会で飼育・保護活動に取り組む国蝶「オオムラサキ」の放蝶会を同市上古田にある保護施設で行った。会員約20人が参加。同施設で大切に育て...

「夏の味覚お届けします」 マンゴー収穫がピーク

 夏の味覚八重山産マンゴーの収穫がピークを迎えている。ことしは例年に比べて豊作の傾向。生産農家は旬の味を消費者に届けようと収穫・出荷作業に汗を流している。  このうち、かわみつ農園(川満哲生...

38年間の植物研究

瀧崎さんが「~東三河~野の花たちの歳時記」出版  豊橋市立東部中学校教諭、瀧崎吉伸さん(61)が、38年余にわたる植物研究の成果を分かりやすくまとめた「~東三河~野の花たちの歳時記(ダイアリー...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク