全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

安全意識高め事故防止 八重山SUP協会が講習会

利用者が意識がなくなったときを想定し救助を行う参加者=26日午前、底地ビーチ

 マリンレジャーシーズンの本格化を前に八重山SUP協会(徳岡大之会長)は26日、底地ビーチでSUP事業者や一般向けに安全講習会を開催し、安全管理の意識を高めた。

 講習会は、SUP事業者らが安全に事業を開催するため、同会が毎年開いているもので今回で4回目。ことしは石垣島、西表島、小浜島から、会員や一般のSUP愛好者8人が参加した。

 同会の小山豊副会長(45)が講師を務め、午前は底地ビーチでの海洋実習、午後は市中央運動公園野球場会議室で座学を行った。

 ビーチではスムーズな再乗艇や利用者が意識がなくなったときの救助方法、溺者を浜にあげた際の回復体位などをレクチャー。午後はフェースシールドや手袋などを用い、新型コロナウイルス感染対策をふまえた心肺蘇生法を行うなど、二次災害を防ぐ人命救助を紹介した。

 小山さんは一般利用者によるSUPの事故が半年以内で2件起きている現状にふれ「SUPは安全で大丈夫と思っている人が多いが、危険性を再確認する必要がある。意識を高めれば事故も減ってくる。講習会を通して島全体の安全につながれば」と安全管理の重要性を訴えた。

 初めて参加した浜屋美央さん(34)=小浜=は「かなり勉強になる。安全管理は一番気をつけなければならないところ。これからしっかり知識を学んでいきたい」と語った。

 毎年合わせて行っているインストラクターガイド講習は秋に延期となった。

関連記事

長野日報社

赤砂崎公園に土俵完成 荒汐部屋諏訪湖後援会が整備 長野県下諏訪町

 大相撲の荒汐部屋(東京)を支援する諏訪地方の有志でつくる「荒汐部屋諏訪湖後援会」は、長野県下諏訪町で8月に実施予定の同部屋の夏合宿を前に、同町の赤砂崎公園に新しい土俵を整備した。22日に完成し...

チャレンジショップ改装 コンサドーレ札幌所属・中村選手 展示スペース増やす..

むかわ町観光協会は、町松風のチャレンジショップを改装した。サッカーJリーグ1部(J1)、北海道コンサドーレ札幌に所属する同町出身のDF中村桐耶選手(23)の展示コーナーのスペースを増やし、ファンが...

荘内日報社

渚の交番 カモンマーレ10万人 鶴岡 1周年に達成 記念イベント 魚つかみ取り マ..

 鶴岡市加茂で昨年6月にオープンした「渚の交番カモンマーレ」の来館者が22日、10万人に達し、記念のセレモニーが行われた。同日はオープン1周年の記念イベントも開かれ、夏空が広がり目の前の海が青さを増す中...

子どもの夜間・休日診療オンラインで 7月に管内初導入 上士幌

 上士幌町は7月1日、実証実験として、東京の民間医療サービス会社と連携し、小児科の夜間・休日オンライン診療を始める。町によると、管内では初の取り組みで、「子どもを連れて移動する必要がないので、通院...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク